エース獲得失敗のミランが“プランB”へ 昨季15得点のクロアチア代表FWに白羽の矢

写真拡大

CEOが獲得を目指したモラタ、オーバメヤン、ベロッティの3人は可能性薄

 ACミランは今オフ、ユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを獲得するなど大型補強に成功した。

 その一方で、大物ストライカーの獲得交渉は難航しており、新たな選手に軌道修正する可能性が浮上している。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 ミランは近年にない順調な夏を過ごしている。ボヌッチを筆頭に、アルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ、トルコ代表の司令塔ハカン・チャルハノール、ポルトガル代表FWアンドレ・シルバら実力者を確保した。

 チームのマルコ・ファッソーネCEOは、大補強の仕上げにワールドクラスのストライカーの補強を宣言。「オーバメヤン、ベロッティ、モラタのうち1人を獲得できたら素晴らしい」と名指しでターゲットを挙げていたが、こちらは難しい状況に陥っている。

 レアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタは、一時ミラン行きで個人合意したとも報じられたが、プレミア王者チェルシー移籍でクラブ間の合意に達してしまった。

 ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは移籍金6000万ユーロ(約75億円)のオファーを出していたが、ドルトムント側が今夏の移籍交渉に応じない方針を発表。トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティに関しては、ミランにタンパリング(事前交渉)があったとして、トリノが怒りを爆発させているという。

新たにカリニッチを獲得ターゲットに

 大物ストライカー獲得が厳しくなった状況で、浮上したのがフィオレンティーナのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチだ。

 記事では「モラタが移籍リスト外となった。カリニッチが獲得目標だ」とレポート。そして、「月曜日(24日)がクロアチア人の日になる」とし、カリニッチ獲得のXデーと報じている。

 カリニッチは昨季フィオレンティーナでリーグ戦33試合で15ゴール2アシストと好結果を出している。しかし、ファッソーネCEOが挙げていた3人と比較すると、少しインパクトに欠ける印象は否めない。“プランB”と言える選択肢だろう。

 チャイナマネーで陣容を充実させるミランの最前線には、誰が君臨するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images