今回取り上げるのは、フジテレビアナウンサーの“ミオパン”こと松村未央さん。先頃、お笑い芸人でタレントの陣内智則と結婚した。
 夫・陣内との相性を相学的に観ると、家庭生活で重要な下停部(顔を上下に三等分したときの鼻下からアゴ先)の相が夫婦で相補的で、まずは好相性と言える。ただ、彼女のほうに、男性にありがちな遊びや浮気に対して不寛容な相がいくつかあり(後に詳述)、波乱含みの組み合わせではある。

 若い頃から性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の睫毛の生えている一帯)の張りがほどよく、性感は年齢相応に円熟している。眼光に清潔感があり、過剰な媚や淫とは無縁だ。
 彼女の顔相で特徴的なのが、自己愛・受動愛を示す下唇がとても厚く、他者愛・能動愛の上唇が極端に薄いこと。かなりの甘えん坊で、ベッドに上がれば愛戯で尽くすより、尽くされたいほう。性愛以外の場面でも、いわゆる「かまってちゃん」な女相だ。
 田宅(上瞼)の肉付きが若い時より落ちており、セックスボルテージはやや下がっている。現時点の【淫乱度】は「3」。

 目間がかなり広く、おおらかな気性で異性の誘惑に乗りやすい。短い鼻下は、性愛に対して理性よりも感性優先で突っ走る傾向を表し、どちらも尻軽相だ。
 彼女は左の涙堂(下瞼)の臥蚕寄りにホクロがあって、これは俗に「小町ボクロ」と呼ばれる、男出入りの多いモテボクロ。子供のことで苦労する暗示もある。【尻軽度】は高く、「4」と観た。
 すっきりした口元で、口自体も大きくなく、門歯はやや大きいものの歯列のU字全体は小さく、金甲(小鼻)の張りもほとんどなくて、回数をこなすセックスではない。【絶倫度】は「2」と低い。
 先天的な膣道の断面と一致するとされる、耳の穴の手前にある切れ込みが、良形ながらやや広め。後天的な膣肉の締まりのよさが現れる、口元の肉付きと締まりが平凡で、【名器度】は「3」寄りの「2」。
 おとなしい口元と、下瞼のラインが目尻でやや上がっているところがあげまん要素。乏しい金甲と吊り気味の眉がマイナスで、トータルで観て【あげまん度】は「2」寄りの「3」。

 彼女は鼻相に特徴があり、正面から鼻孔が覗かず、その鼻孔も小さく、節約上手で口が堅く、家庭の主婦に向いている。横から観たとき下唇が出ており、目頭に切れ込みもあって、表裏を使い分ける腹黒いところもある。
 右頬骨の頂上部と鼻の中心線にホクロがあり、意志が強く、個性も強く、情け容赦のない気性。厚い下唇で受動愛が強く、夫の行状には厳しい女相なので、長続きするかどうかは、陣内の自覚と抑制に(前妻の時よりなお)かかっている。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。