ペップはアグエロの残留を主張した

写真拡大

ペップ・グアルディオラは2017-2018シーズンに関して初めてメディアの前で口を開いた。
マンチェスター・シティは現在、プレシーズンのツアーをスタートさせるためにヒューストンに滞在している。
ペップはあと3、4選手を獲得するために動いている事を認めた。

【関連記事:ケイタ 96億オファーを断る】

「我々は獲得する可能性のある3、4選手と話をしている。彼ら全員が若く、今後数年を見据えての補強となる。我々は補強に関して複数の選手のオプションを持つが、その他のクラブへの配慮からその話がまとまるまでは私は何も言う事ができない。」
彼はこのように話した。

獲得の可能性がある選手に関してペップが最も明確にしたのはレアル・マドリードのサイドバック、ダニーロだった。
「彼は我々が持つオプションの1つだ。」
彼はそのようにはっきりと述べた。

しかし、メンディやアレクシス・サンチェスに関しては言及する事を望まなかった。
「彼(メンディ)は現在、モナコの選手だ。従って私は黙っている必要がある。」
そう話したペップはサンチェスについても「彼はアーセナルの選手だ」と答えるだけにとどめた。

またグアルディオラはシティのGKに関する論争に終止符を打つ事を望んだ。
最近、シティの補強候補としてぺぺ・レイナのオプションが噂されたが、ペップはブラボがチームを去らない事を主張した。
「クラウディオは来シーズン、シティのGKだ。我々は彼、エデルソン、若手選手達(第3GK)と共に行く。」

その他にペップが受けた質問はアルゼンチン人ストライカーのクン・アグエロの去就である。
アグエロ退団の噂はチーム・スカイブルーのサポーターの間に大きな不安を引き起こしていたが、ペップはこのように語った。
「あなた達はセルヒオに対する私の見解を知っている。彼は我々の選手だ。彼は残るだろう。」

グアルディオラのマンチェスター・シティは今シーズン最初の試合を今週金曜日に控えており、他でもない永遠のライバル、モウリーニョのマンチェスター・ユナイテッドとヒューストンのNRGスタジアムで対戦する。
「これらの試合は非常に重要だ。結局、ダービーだ。人々は我々がどのようにプレーするのか観る事を望んでいる。我々は新たな事を試し、調整する。」
ペップはそのように話した。