19日、台湾の女優リン・チーリンが、小説家で映画監督のグオ・ジンミンを軽々と抱っこして怪力を披露した。

写真拡大

2017年7月19日、台湾の女優リン・チーリン(林志玲)が、小説家で映画監督のグオ・ジンミン(郭敬明)を軽々と抱っこして怪力を披露した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

19日、ポータルサイト・網易が主催のアワード「OPPO網易娯楽跨界盛典」が北京市内のホテルで開催された。今年の「国民的女神」に選ばれたリン・チーリンの受賞ステージには、イケメン小説家として知られ、映画監督でもあるグオ・ジンミンがプレゼンターとして登場。小柄なグオ・ジンミンとハグを交わしたリン・チーリンだが、それだけでは物足りないのか、いきなり相手を抱っこ。さらにくるくると3回転して見せ、思いがけない怪力を披露して会場を沸かせた。

モデル出身のリン・チーリンの身長は公称175センチ。これに対してグオ・ジンミンは、男性ながら147センチと非常に小柄だ。2人の身長差は28センチだが、リン・チーリンのハイヒールの高さを加えると、実際は35センチほどの差があることに。ネットユーザーからは「まるで巨人に連れ去られる宇宙人」などと驚きの声が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)