『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 (C) 2017 MARVEL

写真拡大

2014年に公開されたアクション・アドベンチャー大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。あの『アベンジャーズ』シリーズのマーベル・スタジオが贈るこの映画のMovieNEXが9月6日にリリースされるのを記念し、本邦初公開の新しい予告編が解禁となった。

[動画]『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』本邦初公開の新予告編

本作は、“スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、「ボクはグルート」しか話せないベビー・グルート、ツンデレ暗殺者ガモーラ、マッチョな破壊王ドラックス、凶暴なアライグマのロケットなど、たまたま出会いノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が、なぜか銀河の危機に立ち向かうことになる姿を描いた作品。

新たに解禁となった予告編でも注目なのが、SNSで「かわいい!」「笑える!」と話題のつぶらな瞳のベビー・グルート。ベビー・グルートは“樹木型ヒューマノイド”で、赤ちゃんのような愛らしいルックスの人気キャラクター。話せる言葉は「ボクはグルート」のみだが、その中にはさまざまな意味と喜怒哀楽が含まれている。

怒ると制御不能な戦闘能力も覚醒するが、とにかくマイペースなベビー・グルート。作品冒頭のシーンでガーディアンズたちが必死にモンスターと激闘を繰り広げる中でも、「我関せず」と音楽を聴きながらノリノリにダンシングするベビー・グルートに癒された人も多いのでは?

ほかにも、この本邦初公開の予告編では、ベビー・グルートの意外なあのシーンや、MovieNEXに収録されるボーナス映像の一部も見ることができる。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のMovieNEXは9月6日に発売(4000円+税)。8月23日より先行デジタル配信も開始となる。