身につける機能は選択制!北欧生まれのコネクトウォッチとスマートに生活しよう

写真拡大

7月5日(水)〜7月7日(金)に東京ビッグサイトで開催された、デザイン製品の展示イベント “DESIGN TOKYO ” 。そのイベントに出品された、スウェーデン生まれのコネクトウォッチ「クロナビー」は、欲しい機能を選んで搭載できる、1人1人のライフスタイルに寄り添った製品。普通の腕時計とも、スマートウォッチとも違う、プレミアムな腕時計をつけて、日々の暮らしをグレードアップしませんか?


■購入後も機能が向上するコネクトウォッチ

「クロナビー」の大きな特徴は、ムーブメントも、アプリも、クラウドサービスもすべて自社で開発・製造を行っている点です。このスタイルによって、アプリとムーブメントの同時アップデートが可能になる利点が生まれます。アプリとムーブメントが連動していないと、最初に購入した時点で備わっている機能のまま使い続けることになりますが、「クロナビー」の場合は、アプリの機能がアップデートされると、時計上でも機能の向上に併せた対応ができるので、使い続けながらどんどんスマートに進化していきます。

 

■その日持ち手にあった機能を3つのボタンに振り分けられる

シンプルな使いやすさに重きを置いて製造された「クロナビー」は、それぞれのボタンに関連づけたい機能を専用アプリの画面上からコネクトできます。

右側に付属されているボタンは3つ。真ん中のリュウズでは、文字盤に追加情報を表示でき、3種類の振動に合わせて、欲しいお知らせを選ぶことが可能です。さらに、上下のボタンで、5種類から選べるトリガー機能を使用できます。

▲リュウズの機能は全4種類

 

▲一般機能は全6種類

 

▲上下のボタンそれぞれに加えられるトリガー機能は全5種類

 

トリガー機能の中で、注目なのは “Walk me home” という機能。 “Walk me home” を「クロナビー」と連携させて、家に帰るときにボタンを押すと、あらかじめアプリで設定した相手に通知が届く仕組みです。しかも、一度ボタンを押せば、地図アプリ上で帰ってきているルートを逐一確認できるので、例えば、仕事帰りにパートナーに迎えにきてもらいたい時に便利です。また、親子で使用すれば、子供が安全に帰路についているかがわかるので、安心できますね。

他にも、その場でボタンを押すだけで現在地の住所を保存できる “Remember this spot” や、スマホ内臓のカメラを遠隔操作できる “Camera” 機能などがあります。その日によって、必要な機能を入れ替えれば、自分の生活に合わせて、テクノロジーを使い分けることができますね。

■スタイルに合わせて選べる4モデル

クロナビーのモデルは「APEX(アペックス)」「SEKEL(セイケル)」「NORD(ノード)」「CARAT(キャラット)」の全4種類。各モデル特有のこだわりに加え、すべてのモデルに、傷がつきにくく、反射を防止する2重構造のサファイアガラスを使用。ケースのステンレスの部分には、316Lの素材を使い、時計本体にもこだわりが詰まっています。

APEX(アペックス)

▲APEX(6万2640円)

耐久性や、読みやすさを考えてデザインされたスポーティモデル。43mmの大きめのブラックダイヤルに、サブダイヤルが付属する。4モデルの中では、最も価格帯が高い(6万2640円〜7万5600円)

SEKEL(セイケル)

▲SEKEL(5万9400円)

43mmと38mmの2種類を用意。シンプルかつ、クラシックなデザインが特徴。モデル名はセンチュリーから由来していて、100年、200年と永く愛されるように、という想いが込められている(4万4280円〜6万8040円)

NORD(ノード)

▲NORD(4万1040円)

スウェーデン語で北を意味する。北欧らしいデザインが特徴で、純粋と調和をイメージ。4モデルの中では最も価格帯の低いモデル(4万1040円〜4万6440円)

CARAT(キャラット)

▲CARAT(5万1840円)

針を細めにデザインし、無駄のない洗練されたデザインが魅力のラグジュアリーモデル。レザーベルトとメッシュベルトのタイプを用意(4万6440円〜5万1840円)

 

有名モバイルカンパニーで、スマートウォッチの開発に携わっていたエンジニアたちが立ち上げた同ブランド。仕事をする中で、寝る直前までSNSをチェックし、人々が四六時中スマホを触る現状に違和感を覚えたのがブランド立ち上げのきっかけです。本来人々の生活をより快適にするために自分たちが提案してきたテクノロジーが、かえって生活を複雑化させてしまっていることに危機感を覚え、テクノロジーとライフスタイルを融合させた、シンプルで使いやすい時計を開発しました。

必要最低限のテクノロジーを身につけられるコネクトウォッチで、日々の生活はより便利になります。アプリとムーブメントを自社開発することで可能となった、機能のアップデートも嬉しいポイント。なんでも揃う便利な世の中だからこそ、必要なものだけを選択することで快適さを感じられるでしょう。製品は「TiCTAC」主要店舗(東京・大阪・名古屋・福岡・鹿児島・北海道)にて先行販売中です。

>> クロナビー

(文/&GP編集部)