『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』

写真拡大

ついにスタートした『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』。すでに世界中で旋風を巻き起こしていた本作だが、第七章の第1話がTwitterでドラマ関連のツイート史上最多となる240万ツイートを記録したことが分かった。米Varietyなどが報じている。

報道によると、最も多くツイートされたキャラクターはアリア・スターク(メイジー・ウィリアムズ)で、冒頭のフレイ家に関するシーンが最も多くツイートされた瞬間に。ほかには、デナーリス・ターガリエン(エミリア・クラーク)やサンサ・クラーク(ソフィー・ターナー)、サーセイ・ラニスター(レナ・ヘディ)、ジョン・スノウ(キット・ハリントン)といった名前が多くつぶやかれた。

また、グラミー賞を受賞したシンガーソングライターのエド・シーランが特別登場したことも記録的数字の一因に。調査会社によると、全体の約7%がエドの出演に関するツイートだったというが、その中には数字取りのためだけの出演だと批判する声や、俳優でないキャストの出演は世界観を損ねるなどの厳しいコメントも含まれていたようだ。ツイート数は前シーズンのプレミアよりも18%増加したものの、エドへの批判も影響してか評価自体は少々下がってしまったという。

兵士役で出演したエド自身の元にも批判は寄せられ、それが原因かは不明だが彼は一時的に自身のTwitterアカウントを削除。その後アカウントは再度有効になったものの、2015年以前のリプライ(返信)は全て削除され、プロフィール画面には今後はツイートしない旨のメッセージが上げられた。Twitterをやめることは今月初めから噂されていたエドだが、彼はInstagramに「僕は何もやめていないよ。『ハリー・ポッター』以外のものは読んでいないだけだ」とコメントしている。

大ヒットを飛ばす『ゲーム・オブ・スローンズ』にはこれまでも人気ミュージシャンたちが出演しており、アイスランドの人気バンド、シガー・ロスや、世界的人気を誇る英ロックバンド、コールドプレイのメンバーなどがシリーズを盛り上げてきた。

最新シーズン『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』は、スターチャンネルにて毎週月曜10:00より放送中。(海外ドラマNAVI)