オアシズ・大久保佳代子

写真拡大

19日放送の「関ジャニ∞クロニクル」(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子が、ホテルで全裸になってしまう理由を語った。

番組では「もひとりおるおる 2人を目指す共感ゲーム」と題して、関ジャニ∞のメンバーとゲストの合計10人が、自身のクセやこだわり、悩みを告白して、共感する人を探す「共感トークゲーム」で、さまざまエピソードを披露した。

その中で女優の芳根京子が、ひとりきりでのホテルの宿泊は苦手だという悩みを打ち明けると、大久保は「ホテルでの宿泊」というお題に絡めて「ホテルでは全裸になりがち」と明かした。

大久保いわく、ホテルの照明は暗めで、姿見に映る自身が「スゴい綺麗に見える」と言うのだ。大久保の意見に同意する女優の松岡茉優も、ホテルに宿泊した際には、風呂上がりに大きな鏡を眺め、自身の全裸を確認しているのだとか。

さらに大久保は、起床時が「セクシーチャンス」と力説する。目覚めたとき、浴衣などの着衣の乱れを活かして、1番セクシーに見える角度を探して楽しんでいるそう。

そんな大久保に、横山裕が「(以前)ヌード写真みたいなの撮ってましたよね?」と尋ねると、大久保は過去に「週刊大衆」(双葉社)の「8ページ袋とじセミヌードグラビア」に出たことを告白。

ほかの出演者から驚きの声があがる中、当時の気持ちを聞かれた大久保は「ノッちゃった」「ビックリした自分でも!ノッちゃった!」と答え、笑いを誘っていた。

【関連記事】
いとうあさこが大親友・大久保佳代子から受けた失恋時の仕打ち
大久保佳代子が佐藤栞里の仕事ぶりを絶賛「我が我が感が全くない」
大久保佳代子が新婚夫婦の営みの回数に言及「月1はちょっと少ない」