とろ〜り甘辛「なすのユッケ風」が悶絶級のおいしさだ!

写真拡大 (全6枚)

夏らしいなすメニューに興奮!


日々の食卓で登場率の高いなす。旬の夏は焼きなすやマリネなど、さまざまな調理をして食卓へ出す方も多いと思います。そんななすレパートリーに、新たなレシピをご提案。本日ご紹介する「なすのユッケ風」は、ほんのりピリ辛な濃厚タレに卵の黄身が絡んだ、お箸が止まらなくなる一品。子どもも大人もあっという間に食べ終えてしまいそうな、嬉しいレシピです。

意外と簡単♪いつでも試せる♪


細切りにしたナスをフライパンで炒め、調味料を混ぜて。そこにシソを和えて盛り付け、黄身や仕上げの薬味を載せれば完成!意外と手間がかからないので、さっと作りたい時にも安心です。コチュジャンは下に貯まりやすいので、調味料はよく混ぜてくださいね!


簡単!シソ香る我が家のナスユッケ✿

by もちっと美佳さん

おかずにも、おつまみにも、丼にのせても!
とろ〜んと甘辛いナスを卵と絡めて♪
シソの香りがいい味効かせてくれてます…!

作り方をチェック!


1、なすは、縦長に細切りにしていきます。

2、ごま油でしんなりするまで炒めたら、調味料をIN!

3、盛りつけたなすにくぼみを作って、黄身を載せて。薬味をきれいに散らしたらOK。


なすが少なすぎると味が濃くなってしまうので、たっぷり使うのもポイントです。今年はユッケ風の味わいで、なすをたくさん消費してみてはいかがですか?

※生卵は冷蔵庫で保存してある賞味期限内のものを使用しましょう。また、食べる直前に必要な個数だけを冷蔵庫から出し、割ったらすぐに食べるようにしてください。ひび割れた卵は避けましょう。

執筆:yomyon


東から西へ移動中。
食べることは、人と街を知ること。
日々、ぐるぐる探検中。