映画『美女と野獣』のプレミアで紛失したリングを左手薬指にしていた

世界中で主演映画『美女と野獣』が大ヒットし、SNSでは男女平等や政治問題についてメッセージを発信するなど、多岐に渡って活躍しているエマ・ワトソン。そんな彼女がフェイスブックで、行方不明になった指輪の情報提供を求めた。

 

7月16日(現地時間)、エマはロンドンにあるマンダリンオリエンタルホテルのスパに行ったとき、3つの指輪を外してロッカーの中の金庫に入れたそう。ところが、帰宅してから指輪をしていないことに気がつき、電話をかけるもすでに営業時間外で繋がらず。そこで、セキュリティスタッフが金庫を確認したところ、指輪はすでになく、翌朝になっても見つからなかったそう。実は紛失した3つのリングのひとつは、エマのママから贈られた特別なプレゼントだった。

2017年1月にワシントンで開催されたウィメンズ・マーチに母親と参加したエマ

投稿で「母はこの指輪を私が生まれた翌日に買って、18年間一度も外さなかったの。そして私が18歳になったときにプレゼントしてくれた。それ以来、私は毎日これをつけているの。私にとっていちばん意味があって、特別なものなのよ」と思い入れが深いことを明かしたエマ。「日曜日の午後3時以降にマンダリンオリエンタルスパに行って、この指輪を見た人、偶然手にした人、または何か情報を持っている人がいたら感謝してもしきれない」と訴え、メールアドレスも書き添えている。気に入ったジュエリーを失くすだけでも悲しいのに、お母さんからの思いが詰まった大切な指輪だったなんてショックも倍増。無事にエマの手もとに戻ってくることを願うばかり。

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka