京急の車内そっくりなカラオケルームが登場♪ 車掌マイクや制服完備で「鉄道カラオケ」の臨場感アップです

写真拡大


以前、Pouchでご紹介したJOYSOUNDの「鉄道カラオケ」。鉄道アナウンスを本格的に行うことができるカラオケとあって話題を呼びましたが、さらに鉄道好きが喜びそうなサービスが7月20日からスタートしますよぉ〜!

それは「京急電鉄カラオケルーム」なるもの。京浜急行の監修のもと、車内を模した異なるタイプのカラオケルーム2部屋が「JOYSOUND 品川港南口店」にオープンするんですっ!!

【「鉄道カラオケ」って?】

運転席からの展望映像とともに「出発進行」「ドアを閉めます」といったアナウンスのテロップなどが流れ、マイクで読み上げることで本格的な乗務員気分が味わえる「鉄道カラオケ」。

2016年4月に「京急電鉄」編を皮切りに、現在では「東武鉄道 東武東上線」編、「東京メトロ 丸ノ内線」編、「南海電鉄」編の全26区間がカラオケとして配信されるほどの人気コンテンツになっているんだって!

【リアルすぎ! 部屋タイプは2種類】

その「鉄道カラオケ」をさらなる臨場感とともにリアルに体感してもらうべく企画されたのが、「京急電鉄カラオケルーム」。部屋のタイプは2種類あります。


「リアル運転士・車掌体感ルーム」は、正面に液晶を挟んで左右の壁面に車窓からの風景を投影。ソファの代わりに対面のロングシートを設置し、運転台や実物の車掌マイクとスピーカーを採用した車掌ステージで、本物さながらの乗務員気分を体感できちゃいます。


「KEIKYU 車内体感ルーム」では、車掌マイクとスピーカーに加え、2人がけのクロスシートを設置。また網棚や吊り革まで取り付けられており、カラオケルームにいながらも、まるで京急線の車内にいるかのよう!

【コスプレや車掌マイクで乗務員になりきって】

このほか車掌マイク&スピーカーの設備がしてあったり、それぞれの部屋に「車掌非常スイッチ」や「連絡ブザー」をはじめとした貴重な車両備品を展示するなど、鉄道ファンにはたまらない空間に仕上がっています。乗務員になりきれるオリジナルコスプレグッズの貸出しもしているそうですよ。

【オリジナル切符やドリンクも】

さらに、このカラオケルームを利用した人全員に「JOYSOUNDオリジナル切符」のプレゼントも(なくなり次第終了)!

カラオケのおともには、京急電鉄の人気車両のカラーをイメージしたオリジナルドリンクをどうぞ。「KEIKYUトレインドリンク」は赤・青・黄の3種が用意されています(税別各680円)。

【グループでも家族でも楽しめそう!】

「リアル運転士・車掌体感ルーム」は定員数12名、「KEIKYU 車内体感ルーム」は定員数4名。鉄道好きグループで盛り上がるもよし、電車大好きなお子さんと家族で訪れるもよし。大人も子どもも楽しめちゃう 「京急電鉄カラオケルーム」。暑い夏のお出かけ先としても最適ですね!

参照元:JOYSOUND
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る