TR-MB8001(本体)とエクスパンデッドセンサー

写真拡大

 エプソンは19日、ウエアラブルイノベーションを象徴するブランドとして「TRUME」を立ち上げると発表した。最先端技術でアナログウオッチを極めるという。分離型の付属エクスパンデッドセンサーが、顧客に受け入れられるかを注視したい。

【こちらも】エプソン、「WristableGPS for Trek」にデザイン性を高めた新モデル3機種

●代表的なウェアラブル端末の着装手段

 数年前、ウェアラブル端末は次世代の端末として期待された。それは、端末にセンサー機能を統合して、より快適な情報を提供する概念である。そして、着装に関しては、リストバンド型、時計型、クリップ型、メガネ型などの商品が発売された。残念ながら、メガネ型端末に画像センサー等を組み込むことは市場から却下された。そのような中、わずかに時計型とリストバンド型の端末が生き残っている。

●最先端技術でアナログウオッチを極めるTRUMEの構成

 TRUMEとは、TRUE(真実)+ME(自分)の造語で、“真実の自分を見つけるための人生の羅針盤となる”という思いが込められており、ウオッチの新たな可能性を見出すという。

 ウオッチ本体と付属する端末(エクスパンデッドセンサー)の双方がセンシング機能を持つ。本体には、GPS、気圧・高度、方位といったセンシング機能が、エクスパンデッドセンサーには、温度、紫外線、歩数、消費カロリーといったセンシング機能が搭載される。エクスパンデッドセンサーの情報は、ウオッチ本体へBluetooth規格で送られ表示する。

 ウオッチ本体の表示は、あえてぬくもりのあるアナログの針を使い、どこまで自然に、美しく表現できるかに挑戦したという。なお、ウオッチ本体は、光発電によって駆動し続ける低消費電力技術を結集している。

●ウェアラブル端末「TRUME」のテクノロジー

 何といっても、高度なセンシング技術によるウオッチ本体の正確な時刻と光発電で駆動し続ける低消費電力技術であろう。独自の高感度・低消費電力GPS受信感度は世界トップクラスを誇り、GPS衛星電波のみで現在位置のタイムゾーンを特定し、常に正確な時刻を示すという。また、文字板裏側のソーラーパネルで光を受け、室内光の明るさでも十分に充電でき、必要に応じて、針の動きを一時的に止める、GPS電波の受信をストップさせるなど、きめ細かい省電力制御をしている。この低消費電力技術は、ウオッチにもウェアラブル端末にも共通である。

 ウェアラブル端末として、決め手になるのは、エクスパンデッドセンサーの役割であろうか?現在のウェアラブル端末の多くは、個人の健康管理の機能に集約された感がある。スマートフォンに搭載されたセンシング機能やアプリとの差別化は、着装する要素や長時間駆動であろう。そのような観点から顧客の要求を獲得していくことを願う。