画像提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱自動車は20日、ミッドサイズSUV「アウトランダー」に、特別仕様車「ACTIVE GEAR」を設定して発売した。アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した「ACTIVE GEAR」は、4月にミニバン「デリカ D:5」に設定して好評となっており、今回の「アウトランダー」は第2弾となる。

「アウトランダー ACTIVE GEAR」は、SUVの楽しさや頼もしさを一層強調し、アウトドアレジャーシーンに映えるデザインとした特別仕様車。エクステリア・インテリアの要所にアクセントカラーとして配したオレンジ色は、アウトドアの本格派が愛用する登山ロープやバックパック等のギア(道具)に採用される色であり、機能性の高さを表現している。

予防安全技術「e-Assist」を標準装備した「アウトランダー Safety Package」をベース車としており、エクステリアには、メーカーオプション設定としていたルーフレールを標準装備したほか、テールゲートにオレンジの「ACTIVE GEAR」専用デカールを装着。ボディカラーは「チタニウムグレーメタリック」「ホワイトパール(有料色)」「ブラックマイカ」の全3色展開とした。

インテリアでは、サポート性に優れ心地良い手触りのスエード調人工皮革を座面および背もたれ面に採用。背もたれ面上部とサポート部には、ボーダーキルティングを立体的な形状とすることで滑りにくくした、昇降温抑制機能を有する人工皮革を採用している。インパネ&ドアトリムオーナメントパネルにメーカーオプション設定としていたブラック プライウッド調パネル、パワーウインドウスイッチに新しくピアノブラックのパネル、センターコンソールとドアトリムに人工皮革を採用し、インテリアの質感を向上させた。

機能装備として、メーカーオプション設定としていたスマートフォン連携ディスプレイオーディオ「SDA」とマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備。専用のオリジナルパーツを組み合わせた「ACTIVE GEAR コンプリートパッケージ」のディーラーオプション設定も用意されている。「アウトランダー ACTIVE GEAR」の価格は289万5,480〜318万9,240円(税込)。