京大生が本気で“おっぱい型”の関数作ってみた

写真拡大

グラフの形が“おっぱい型”になる関数を、高校で習う初等関数だけを用いて作ってみた動画がniconicoに投稿されている。

▼【数学】おっぱい型の関数を作ったったwwwwwwwwwwwww
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31579883

“おっぱい型”のようなグラフになる関数自体は、すでに大阪大学の学生が作成していたものの、京都大学のniconicoサークルに所属する投稿者は、「実際のおっぱいとは形が違いすぎる」と阪大生作の関数の問題点を指摘。

さらに「人生で一番揉みたい時期である高校生でも再現できるよう」高校で習う関数だけを使ったシンプルな数式での生成に挑戦した。

独自の「基礎おっぱい項」を用意し、阪大生が考案した「乳頭項(通称:ガウスの乳首)」を改良することで、より“リアル”で“なめらか”なおっぱい関数を制作している。

この動画をみたユーザーからは、

「想像以上におぱいだった」
「美しい(性的)」
「あんた!真面目に勉強してると思ったらなにおっぱいの絵なんか描いて……!!!」
「見える!俺には見えるぞお!」
「ガウスのTKB触りたくねぇ」

といったコメントが寄せられている。