キャイ〜ンが渋い回答を連発!映画『アンパンマン』舞台あいさつに登場

写真拡大

映画シリーズ29作目となる『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』の大ヒット舞台あいさつが20日、東京・新宿で行われ、ゲスト声優を務めたキャイ〜ンの二人が登壇した。

本作では、劇場版アニメ作品声優に初挑戦となる女優の多部未華子が、透明感のある魅力的な声で、宝探しの一族に生まれたライオンの男の子“ブルブル”を好演。そのお父さん役を特徴的な低音ボイスで声の仕事でも活躍している天野ひろゆきが務め、神殿の門番“いいかげんに城”としてウド鈴木が参加している。

子どもたちが集まる会場で、天野は「もしも自分でアンパンマンキャラクターが作れるとしたらどんなキャラクターを作りたいか」と聞かれて、「天丼とか釜飯とか沢山ありますから、何でも出来そうですが、僕は、揚げパンマンですね! 名前の響き的にアンパンの強烈なライバルになれそうですね! 揚げパンマン!!」とコメント。一方のウドは「ウドマンですね! 立川の名産品ですね! あとは、短パンマン! すじこマンとかもいいですね! イクラとの差別化を考えてキャラクターを作りたいですね! ぜひ!」と次々と希望を述べた。

また、物語の中でブルブルはカレーパンマンの背中に乗って宝探しに行くが、「もしもアンパンマンに連れて行ってもらえるならどこに行きたいか」と問われると、天野は「アンパンマンと一緒に、ぜひ、兜町に行きたいですね」と、ウドも「巣鴨に行きたいですね。アンパンマンとぶらぶらと食べ歩きとかしたいですね。後は、スーパー銭湯で一緒にお風呂の湯につかりたいですね」と渋い回答を連発し、子どもたちの笑いを誘った。

このほか、『アンパンマン』にまつわるトリビアクイズのコーナーも。「バイキンまんが石鹸で洗われるとどうなるでしょうか?」という問題にウドは「スタイリッシュになるんじゃないでしょうか? あとは、すっぴんになっちゃうんじゃないでしょうかね! 顔が分からなくなってしまうかも、楽屋に行って顔が分からない女優さんみたいですね」とまさかの答え。天野がどの女優なのかを追求すると、ウドは「そんなこと言えるわけないじゃない!」と濁していた。