『GENERATIONS高校TV』がAbemaTV・AbemaSPECIALチャンネルにて放送中だ。同番組は「日本中の学生を熱狂させる学校青春バラエティ」をテーマに、ダンス・ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEが、実際の学校を訪問し、授業に参加したり、ダンス部の部員にダンスをレクチャーするなど、学生たちと触れ合いながらさまざまな企画を展開していくロケバラエティ。今回は過去放送回から、メンバーの関口メンディーの食レポ迷シーンを紹介する。

1. 笹団子の食レポで失言

 新潟県立新発田農業高等学校に向かう道中でのこと。メンディーと小森隼はでご当地グルメを買い出しに行くことに。2人は新潟のスーパーで、中華麺にミートソースをかけた「イタリアン」をゲットし、さらに名物の笹だんごにもトライ。隼は「めっちゃ良いにおいする」と笹の香りを堪能し、メンディーも「うメンディー」と大満足。

 しかし、店の前で「もっと美味いかと思ったわ」と、メンディーが突然の大失言。よくよくきいてみると、甘すぎずに食べやすかったので「もっと甘いかと思った」と言おうとしたところ「甘い」と「美味い」を間違えたと大焦りで釈明していた。

2. 滝沢カレン風食レポは得意

 新潟県立新発田農業高等学校編では、メンディーがロケバスの中で食レポするシーンも。新潟名物として有名な、焼きそばの上にミートソース(トマトソース)をかけた「イタリアン」。メンディーと隼は、「イタリアン」「カレーイタリアン」「ホワイトイタリアン」「チーズハンバーグイタリアン」の4種類をメンバーたちのために購入し、ロケバスの中で食べることに。

 そこで、なぜか「滝沢カレン風」食レポに挑戦することになったメンディーは「このなんとも言えない茶色の麺に絡まる白い…白濁とした液。匂いは、ちょっと…えっと…あまり言葉では説明できないような」「んー!なんか…こう、これでもかと、口の中でグチョグチョと混ざり合う、すごく個性的なお味です」とコメント。独特な言葉のチョイスがはまったのか、メンバーからも絶賛されていた。

(c)AbemaTV