歌舞伎役者の市川九團次が、ブログで、舞台や演技についての自身なりの考えを綴っている。

※市川九團次オフィシャルブログより

 今月3日から27日まで公演中の「七月大歌舞伎」のうちの幾つかの演目に出演している九團次。同舞台は基本的に昼の部・夜の部の二回制となっており、御守殿門次を演じる昼の部の「加賀鳶」と、長六という悪役を演じる夜の部の「駄右衛門花御所異聞」では市川海老蔵とも共演している。特に後者は海老蔵の長男・勸玄くんが出演していることでも話題だ。

 この日、19日は昼の部が休演で、「こういった半ドンいいなー 心なしか みなさん元気で明るく感じます〜」とゆるく切り出したかと思えば、「もっとやれるとこはないか 抜けてるとこはないか 考えて 明日の舞台へ挑戦できるよう 人に言われたからといっても ダメだと思う いわれて腑に落ちないと いつまでたっても あかんと思う」「自分で気づかなければ 進めないと思います」と一転、熱い考え方を示している。

 そして、「気づくこと 簡単ではないけども 考えなければ 気づきはやってこないと思う」とも。「考えてもやってこないことも あるし〜」としながらも、「でも考えるからこそ 楽しさがあるのだと思う!」とコメント。

 この姿勢に、ファンからは「ココロに沁みました...」「いつも高みを目指していらっしゃる九團次さん かっこいいです。」などのコメントが寄せられている。