ストーク、デルフの獲得に向けマンチェスター・Cと交渉中か

写真拡大

 ストークはイングランド人MFファビアン・デルフの獲得に向けマンチェスター・Cと交渉中のようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。

 同メディアによると、ストークは同選手獲得のために1000万ポンド(約15億円)を支払う準備があるようだが、マンチェスター・Cは1300万ポンド(約19億円)を要求している模様。ストークを率いるマーク・ヒューズ監督も今月頭に「彼は我々が関心を持っている多くの選手のうちの一人だ」と認めており、これから獲得に本腰を入れていく様子だ。

 イングランド代表としても9試合に出場した経験を持つ27歳のデルフは、2015年に800万ポンド(約12億円)でアストン・ヴィラからマンチェスター・Cへ移籍。しかし、移籍1年目に故障の影響でリーグ戦17試合の出場に止まると、ジョゼップ・グアルディオラ新監督が就任した昨シーズンはリーグ戦出場7試合、そのうち先発起用は2試合のみと満足な出場機会を得られない状況が続いている。

 デルフの獲得に成功すれば、ストークにとってはウェスト・ブロムウィッチからフリーで獲得したスコットランド代表MFダレン・フレッチャーに続いて更なる中盤の強化へと繋がることになる。さらにはチェルシーのフランス代表DFクルト・ズマのレンタルでの獲得も間近に迫っていると報じられており、アストン・ヴィラ時代は主将も務めた実力者でもあるデルフとの交渉の行方も注目されるところだ。