自称カープ女子・加藤紗里「オールスターって何」に大ブーイングも真相は?

写真拡大

 広島カープのファンである「カープ女子」であると主張するものの、実際はよく野球を知らず、ただの売名行為なのではないかと疑われてきた加藤紗里。そんな彼女がとんでもない失言をし、やはり本当は野球が好きではないのでは?という疑惑が強まる事態が発生した。

 加藤は7月14日、自身のツイッターに「明日はオールスターって試合 なんかそのオールスターってチームにきくりん(編集部注:菊池涼介)とまるる(注:丸佳浩)も参加してるらしいじゃん?広島カープやめたのかな?よく分かんないけどとりあえず応援に行ってやるか」とツイート。

 これは、まさかの「オールスターって何」発言である。野球ファンから「オールスターも知らないようなやつが野球好きを名乗るな」「そんなのでよくカープ女子と言えるよな」と大ブーイングが起こっているというわけだ。

「でも、これは明らかに炎上狙いの発言ですね。さすがにオールスターは知ってると思います。ファンもそれをわかった上でブーイングしているのでしょう」(彼女をよく知るグラビア誌編集者)

 さらに彼女にとってショックなのは、「明日のオールスターって試合見に行くんだけどきくりんかまるるかどっちのユニフォーム、紗里に着てほしいの?」とアンケートを行ったところ、「ロッテのユニフォームを買う」「きくりんのユニフォーム」「まるるのユニフォーム」という答えを差し置いて「来ないで欲しい」という意見が65%を占めたことだろう。

「これも彼女流の演出でしょう(苦笑)。後に『紗里はカープのものじゃん?だからオールスターは行くなってみんなからエールだよね』とツイートしています。炎上ぎりぎりのラインで話題作りをしていく“売名術”はたいしたものです」(前出・グラビア誌編集者)

 加藤流の「カープ愛」はこれからも続いていくのだろう。