横綱・白鵬【写真:Getty Images】

写真拡大

平成の大横綱が偉業…玉鷲に貫禄勝ち、初土俵01年3月場所の初勝利から17年目

 大相撲名古屋場所12日目は20日、横綱・白鵬が玉鷲を下して11勝1敗とし、元大関・魁皇が持つ歴代最多勝利記録の通算1047勝に並んだ。13日目の高安との一番で歴代単独1位に挑む。

 平成の大横綱が、日本の相撲史の最高峰に名前を刻んだ。

 白鵬は玉鷲に力の差を見せつけ、今場所11勝目を挙げた。10日目に10連勝で元横綱・千代の富士を抜き、歴代単独2位に浮上していたが、11日目に御嶽海に苦杯。夏場所から続く連勝は25でストップしたが、歴代1位タイの1047勝に到達。初土俵の01年3月場所で初勝利を挙げてから、98場所でのスピード大偉業となった。

 白鵬はモンゴル出身の32歳。07年3月場所で第69代横綱への昇進を決め、以来、絶対的な強さを誇り、幕内最高優勝38回をマークしている。記録更新をかけ、39度目の優勝を狙う今場所も首位を走る。白鵬にとっては、ここはまだ通過点に過ぎない。

 13日目の高安戦で一気に単独トップに躍り出る。

現役は2人…通算勝利数歴代トップ10は?

 通算勝利数歴代トップ10は以下の通り。

1位 魁皇 1047勝
1位 白鵬 1047勝※
3位 千代の富士 1045勝
4位 大潮 964勝
5位 北の湖 951勝
6位 旭天鵬 927勝
7位 若の里 914勝
8位 大鵬 872勝
9位 寺尾 860勝
10位 安美錦 830勝※

【注】※は現役