JYJ ジェジュン&元AFTERSCHOOL ユイら出演「マンホール」予告映像が話題…ピコ太郎の「PPAP」をBGMにコミカルダンス(動画あり)

写真拡大

「マンホール」に出演するJYJ ジェジュン、元AFTERSCHOOL ユイ、チョン・ヘソン、B1A4 バロが、光化門(クァンファムン) に登場した。

昨日(19日)、「七日の王妃」の後番組として8月9日に第1話が放送されるKBS 2TV新水木ドラマ「マンホール」(演出:パク・マニョン、ユ・ヨンウン、脚本:イ・ジェゴン、制作:Celltrion Entertainment) は、爆笑を誘う予告映像第1弾を公開した。

「マンホール」は“天に選ばれた”無職のポン・ピル(ジェジュン) が、偶然マンホールに落ちることから繰り広げられる、バラエティ満載の“ピル生ピル死”な時間旅行を描いたランダムタイムスリップドラマだ。「ふしぎの国のピル」という副題からも分かるように、只ならぬポン・ピルの時間旅行が、愉快な笑いを届ける予定だ。

公開された予告映像では、劇中の“トルベンジャーズ”(変わり者のアベンジャーズの意) の4人であるジェジュン、ユイ、チョン・ヘソン、バロが光化門の真ん中で、無我夢中のマンホールダンスを披露し、視線を集中させた。ピコ太郎の「PPAP」の中毒性の強いリズムに合わせて、真剣でがむしゃらなダンスを踊る出演者の姿が爆笑を誘い、期待を高めた。映像には「2017年、歯止めがきかない子たちが来る」というキャッチコピーが書かれており、彼らの活躍が好奇心をくすぐった。最初から最後まで、この世で一番真剣なコミカルダンスを踊る予告映像に、ネットユーザーも爆発的な反応を見せた。予告映像公開1日で再生回数10万回を突破し、韓国の主要ポータルサイトのリアルタイム検索ワードランキングに上がるなど、熱い反応が続いている。

2年ぶりにドラマ復帰を果たすジェジュンは、デビュー以降最も破格的な演技の変身を披露すると期待されている。劇中でジェジュンは、生まれながらのユニークさで人並み外れた存在感を誇る“天に選ばれた”無職、ポン・ピル役を演じる。街のどこにもあるマンホールで、過去と現在を行き来する荒唐無稽な時間旅行者だ。今まで見たことのない爆笑を誘うポン・ピルの時間旅行が、視聴者を虜にすると期待されている。

ユイは、ポン・ピルが28年間片思いをしている相手で女友達のカン・スジン役を演じる。無造作に髪を結んだ姿でも綺麗なオーラを放つ“町の女神”だ。クールで洗練されたビジュアルに、意外な隙も持っているというギャップある魅力の持ち主だ。結婚を控えた時点でポン・ピルの荒唐無稽な時間旅行が始まり、一時はSome(男女が付き合う前の段階) だったが、現在はサム(韓国語で喧嘩の意) になってしまったポン・ピルとの縁が、予想していなかった方向に進むことになる。

チョン・ヘソンが演じるジンスク役は、トルベンジャーズの最強直球、いわゆる“スクプライト”な人物だ。友人の間で最もしっかり者だが、変わり者としての才能だけは予測できないほどである。バロはポン・ピルの親友であるチョ・ソクテ役を演じる。学生時代からポン・ピルの傍を離れず守っているソクテは、穏やかな小心者に見えるが笑顔で人を裏切るキャラクターでもある。常にポン・ピルに一発食らわすチャンスを狙っているが、いつも失敗してしまう。バロのキャラクターに溶け込んだ演技で、ソクテの憎いが憎めないキュートな魅力が強調されると期待されている。

最強のケミ(ケミストリー、相手との相性) で放送前から期待を高めている「マンホール」は、「結婚してください!?」「ぶどう畑のあの男」などを演出したパク・マニョンプロデューサーと「特殊事件専門担当班TEN」の脚本を手がけたイ・ジェゴンが意気投合した作品だ。想像以上のユニークさと爆笑で、今夏視聴者を虜にする「マンホール」は、「七日の王妃」の後番組として韓国で8月9日にKBSで第1話が放送される。