【非常時に】「布ガムテープをコンパクトに収納する方法」を警視庁が伝授! さらに “ガムテのプロ” 元テレビ局ADが女子向けの裏ワザを教えてくれたよ

写真拡大

2017年7月18日、警視庁警備部災害対策課がツイッターに「災害時に役立つ知恵」を投稿。あるとなにかと役立つ「布ガムテープのかさばらない持ち歩き方」について書いています。

その投稿によると、布ガムテープは「添え木を患部に固定したり、連絡メモとして壁に貼ったり」となにかと重宝するようで、非常用袋に入れておきたいアイテムなんだそうです。

【持ち運ぶ際には「芯を抜く」べし】

実際に布ガムテープを持ち歩くとなると、少し邪魔に感じるもの。意外に大きくて重さもあり、かさばるのが難点です。

けれども、ガムテープを外側から強く押して芯の部分を柔らかくし、平らにつぶしてから芯を抜いてしまえばぺったんこに。さらに両端を輪ゴムで止めておくと、持ち運びに便利なんですって。へええ! 「芯を抜く」って、考えたこともなかったわ!

【力に自信がない人には、こんな方法があるよ】

このつぶやきに私が感心していたところ、以前テレビ局でADとして働いていた、Pouch編集スタッフの女性Mが新たな知恵を授けてくれました。

Mいわく「テレビスタッフにとって、ガムテープは仕事の相棒」。入社してからは、小さく折りたたむ方法を徹底的に教え込まれたのだそう。

「ガムテープの芯を抜くのには、結構な力がいります。わたしは細長い厚紙にガムテープをぐるぐる巻きつけて運んでいましたよ」と教えてくれました。

な〜るほど! 厚紙に直接ぐるぐると巻いていくだけでいいから、力がいらないぶん楽ですねぇ。

厚紙にガムテープを巻きつける時間は多少必要ですが、女性と子供だけの家庭、あるいは高齢者しかいない家庭でも応用ができそうなので、力に自信のない方はこの方法を試してみるといいかもしれません。わたしもさっそく、実践してみようと思いますっ。

参照元:Twitter @MPD_bousai
執筆=田端あんじ(c)Pouch

画像をもっと見る