画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●小型きょう体にQuadro P600を搭載

レノボ・ジャパンは7月20日、ISV認証済ワークステーションでは世界最小サイズとなる「ThinkStation P320 Tiny」(以下、P320)を発表した。レノボ・ショッピングでは21日に販売を開始する予定で、価格は構成によって変わるが、ダイレクト販売価格で96,000円(税別)からとなっている。

レノボ・ジャパンでは2017年4月から、ワークステーション製品を扱う専門チームをワールドワイドで設置し、顧客のニーズにあった製品をパートナーと一緒に販売する方針を採ってきた。同社ワークステーション製品事業本部 事業本部長の林淳二氏は「日本のワークステーションのシェアは一桁で、成長の余地がある」と同社ワークステーション事業の戦略を説明する。

日本市場においては、同社ワークステーション事業の売り上げの半数が製造業ということだが、今回のP320は製造ラインやヘルスケア、管制センターなど、従来の製品ではリーチできていない分野の開拓を目指す。P320は小型筐体ながらNVIDIAのディスクリートGPU「Quadro P600」を搭載しているため、多画面や各種業務ソフトウェアの認証が取れていることも強みとする。

●ワークステーションを再定義

P320の具体的な特徴に関しては、レノボ・ジャパン ワークステーション製品事業本部 プロダクトマネージャーの高木高之氏が説明した。

レノボのワークステーション(デスクトップPC)のポートフォリオの中で最も小型の製品となるのがP320だが、ワークステーションで重要視されるポイントは故障しにくく、壊れた際の保守性やサポートの充実。そして高い総合性能と静音性、目的に合わせた柔軟な構成と拡張性にあるという。

P320はThinkPadでよく言われている「拷問テスト」(出荷前の耐久試験)ではないが、10項目の米国MILスペックテストをクリアできる堅牢性があるという。サポートに関しても、ワークステーションとしては珍しく24時間365日のサポート体制が用意されている。またワークステーション業界ではいまだにWindows 7の利用が多いため、Windows 7モデルの提供とWindows 10移行サービスも提供している。

このほか、M.2 PCIe MVNe SSDを搭載して高速起動に貢献している。同様に、前述の通りNVIDIAのQuadro P600を搭載することで各社ISV認証を取得し、コンパクトな設計マシンとしての利用も可能だ。内蔵グラフィックスとQuadro P600で合計6画面の4K出力ができるため、サイネージや多画面の利用にも対応する。

メンテナンス性と安全性に関しては、ケンジントンロックによる本体および本体カバーの固定が可能となり、第三者による分解を阻止する。一方、ケンジントンロックとネジを外すことでケースカバーが外れ、加えて側面のメンテナンスカバーを外すことで、メモリ・SSDにアクセス可能となっている。

P320では、いまだにシリアルポート(RS-232C)が現役で使われている組込/FA用途にも対応するべく、ディスクリートGPUを省く代わりにポートを2つ増やすことが可能だ(HDMI/DisplayPort/D-Sub/USB Type-C/シリアルポートのいずれか+シリアルポート)。