LUDLOW BLUNT本店の様子

写真拡大

 ニューヨーク・ブルックリン発のバーバーサロン「ルドロー・ブラント(LUDLOW BLUNT)」が、日本1号店を代官山に出店する。オープン日は8月5日。
 「ルドロー・ブラント」は1994年に創業し、著名なミュージシャンやファッション関係者、ハリウッドスター、政治家などに人気のサロン。代官山店では、ニューヨーク本店で修行し創業者のラッセル・マンレー(Russell Manley)が認めた篠田晃一と馬場雄一がマイスターバーバーを務め、カットやシェービング、髭デザインなどを提供する。
 店内のチェアーやキャビネット、装飾品などは全てニューヨークから直輸入しており、ブルックリンのサロンを忠実に再現している。本店のサロンにはないVIP専用の個室を設けるほか、ブルックリンのイメージを踏襲したビンテージスタイルのカフェが併設され、スチールやムービー等の撮影場所として利用することが可能。イベントやワークショップなども開催し、大人の社交場を目指すという。1920〜30年代のユニフォームや古着をイメージした制服は、「アジャスタブルコスチューム(ADJUSTABLE COSTUME)」の小高一樹がデザインを手掛け、店頭でも販売される。