チェルシー移籍合意のモラタに救いの手 同胞の“神の子”が全面サポートを約束

写真拡大

移籍金104億円、年俸約11億超の5年契約でチェルシーと合意

 レアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、プレミアリーグ王者チェルシー移籍で合意に達した。

 スペイン紙「アス」のインタビューに応じたストライカーは、スペイン人選手たちからの助言を受けたこと明かし、中でも元チェルシーの“神の子”からは全面サポートを約束されたという。

 記事によれば、モラタの移籍金は8000万ユーロ(約104億円)で、成果報酬で最大500万ユーロ(約6億5000万円)が上乗せされるという。契約は5年間で、年俸も900万ユーロ(約11億7000万円)という厚待遇となる。

 昨季はリーガの得点ランキング7位となる15ゴールをマークしながらも、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、フランス代表FWカリム・ベンゼマら攻撃陣の層は厚く、先発出場の機会は限られた。レアルの下部組織で育ちながら、2014年からの2シーズンはユベントスで過ごし、新天地はチェルシーとメガクラブを渡り歩く波乱万丈のキャリアを歩んでいる。

 モラタは「レアル・マドリードへ戻ることは考えていない」と決意表明しており、イングランドでのさらなるステップアップを誓っている。プレミアリーグへの初挑戦を前に、同じスペイン人選手に相談していたことも明かしている。

元チェルシーのトーレスから助言を受ける

「アスピリクエタと話したよ。それからフェルナンド・トーレスとも。彼は、僕が必要なことは何でも手伝ってくれると言ってくれたよ」

 モラタはチェルシーでレギュラーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタ、2011年から15年まで所属していた元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスから助言を受け取ったようだ。

 特に、トーレスはリバプールから当時スペイン人史上最高額となる移籍金5850万ユーロ(約75億万円)で加入し、大きなプレッシャーを背負ってプレーすることになった。“神の子”は自らの経験をもとに、後輩への全面サポートを約束しているという。

 心強いバックアップを受けるモラタは、プロキャリアで3クラブ目となるチェルシーを安住の地とすることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images