髪の毛は素早く乾かしながらケアできれば一石二鳥です

写真拡大 (全4枚)

パーマやカラーで痛みがちな現代の髪の毛に、ケアは必須。そこに着目し、パナソニックはヘアードライヤー「ナノケア」を開発しました。髪を乾かすだけでなくケアもできると好評を博し、2005年の誕生以来、累計販売台数は800万台を突破しています。そのナノケアが新たに“毛先集中ケアモード”を搭載し、さらにケア性能がアップしました!

▲ピンクゴールド

「ナノケア」のケアのポイントは、水で包まれた微粒子イオン “ナノイー”。このナノイーが、髪の水分バランスを整えてうねりを抑制し、キューティクルを引き締め、なめらかな指通りのまとまる髪にしてくれます。

▲ルージュピンク

髪のダメージが最も蓄積されるのは毛先。その毛先ケアに着目した“毛先集中ケアモード”は、室温を検知し、自動で温風・冷風を交互に出すモードです。毛先を逃がしにくい風量で、毛先に適した周期で温風と冷風を交互に発生し、毛先のまとまり・ツヤ・うるおいなどの効果実感を向上させてくれます。

▲ホワイト

加えて、新 “速乾ノズル”も搭載。“速乾ノズル”は、濡れた髪を乾かすとき、強弱のある風をあてることで毛束がほぐれ、風のあたる表面積が増えるという仕組みです。今回、ノズルの形状を見直すことで、風の強弱差を拡大。濡れた髪のほぐし作用を強化することで、乾燥スピードが約15%もアップしました。

ルージュピンク、ピンクゴールド、ホワイトの3色展開で、発売は9月上旬。更にパワーアップしたナノケアで、毛先までくまなくツヤ髪にしましょう!

>> パナソニック「ヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA99」

 

(文/&GP編集部)