城南海、地元・奄美大島で全国ツアー「ウタアシビ2017夏」凱旋ファイナル

写真拡大 (全5枚)


奄美大島出身の歌姫・城南海(きずきみなみ)が自身最大規模の全国ツアー「ウタアシビ2017夏」のファイナルとなる追加公演を、7月16日に地元の奄美観光ホテル3階孔雀の間にて開催した。

“ルーツ” がテーマとなっている今回のツアーファイナルにふさわしい地元・奄美大島での凱旋ライブに、この日、島民はもちろんのこと全国から多くのファンが会場へと駆け付けた。
ライブはデビュー曲「アイツムギ」からスタート。「全国10公演まわってきました。最後はここ奄美で今日だけの音を奏でて、ファンの方々、そして島の方々と一緒に楽しみたいと思います」とツアーファイナルへの想いを語りながら、どことなしか自然と奄美大島の方言まじりになるMCに、奄美でしか見られない特別なライブに期待が膨らむ。

「誰カノタメニ」「ずっとずっと」などデビューして間もないころの楽曲を久々にライブで披露し、テレビ東京「THEカラオケ★バトル」では番組最多となる10冠を達成して “絶対女王“ と言われている彼女が「歌うことの意味の勉強になった」と、「友達の詩」(原曲:中村中)のカバー曲を歌って会場を盛り立てる。
「ウタアシビは、歌って踊って遊ぶっていう意味があって、これをすると奄美に帰って来たなって感じる」と三味線を持ち、奄美大島の唄者(シマ唄の歌い手)も参加して、シマ唄の「国直米姉節」を披露。さらにゲストとして平成のギターおんな流し “おかゆ” が参加した「島のブルース」(原曲:三沢あけみ)では、会場は手拍子とハト(指笛)が鳴り響き、みんなでウタアシビを盛り上げた。

続いて、音楽のルーツとして、子供の時に島で習い始めたというピアノの弾き語りで「会いたい」(原曲:沢田知可子)を歌唱。そして、「ルーツをテーマに松井五郎さんに作詞、マシコタツロウさんに作曲、そして私の音楽の父である武部聡志さんに編曲をお願いして作っていただきました。美しい日本語の歌詞、なじみやすい歌謡曲のような温かみのあるメロディラインで、ぜひ大事な人を想って聴いてください」と、これまで出会った人への感謝の気持ちをストレートに表現した7月19日発売の新曲「あなたに逢えてよかった」を披露した。
最後に「嬉しさと幸せを噛みしめながらのふるさとでのツアーファイナル、来てくれてありがっさまりょうた」と、初めて奄美の方言で作詞作曲をした「祈りうた〜トウトガナシ〜」で奄美の海と風を感じながら本編は終了した。

アンコールでは出演者全員が再度ステージに上がり、「みんなで歌って踊ってこのツアーファイナルのラストをみんなで盛り上げていきましょう!」とシマ唄のワイド節を会場のファンも立ち上がって練り歩きながら歌って踊り、まさに会場全体が歌って踊って遊ぶ “ウタアシビ” と化したラストで、奄美の熱気も最高潮のまま幕を閉じた。

さらにこの日は、奄美を感じるコラボの一つとして、城南海と黒糖焼酎「れんと」のコラボ焼酎も販売されていた。「れんと」は通常クラシック音楽を聴かせて熟成させる音響熟成を行っており、今回は新曲「あなたに逢えてよかった」を1か月間聴かせて熟成させたスペシャル「れんと」を販売。パッケージも城南海仕様になっており、裏面に記載のQRコードを読み込むと、城南海と乾杯ができるスペシャル動画も見られるとのことで、会場で販売した350本が即完売に。このコラボ商品は「れんと」のホームページからも購入が可能となっている。

【セットリスト】
M1.アイツムギ
M2.誰カノタメニ
M3.ピアノ
M4.ずっとずっと
M5.友達の詩 ※原曲:中村中
M6.国直米姉節(シマ唄)
M7.島のブルース ※原曲:三沢あけみ
M8.アカツキ
M9.会いたい ※原曲:沢田知可子
M10.あなたに逢えてよかった
M11.祈りうた〜トウトガナシ〜
EN1.兆し
EN2.ワイド節(シマ唄)

【城南海】記事一覧


■コラボ情報
奄美大島開運酒造 れんと城南海ラベル
購入ページ:http://shop.lento.co.jp/html/products/detail/67

■ミュージックビデオ
「あなたに逢えてよかった」ミュージックビデオ

■リリース情報
城南海 11st Single「あなたに逢えてよかった」
2017年7月19日発売

PCCA.04554 ¥1,296(税込)
<収録内容・特典>

<収録曲>
M1「あなたに逢えてよかった」作詞:松井五郎/作曲:マシコタツロウ/編曲:武部聡志
M2「未完成の世界」作詞・作曲:池田綾子/編曲:水島康貴
*テレビ朝日系列「じゅん散歩」6月7月度エンディングテーマ
M3「会いたい」作詞:沢ちひろ/作曲:財津和夫/編曲:ただすけ(※オリジナル:沢田知可子「会いたい」1990年)