作業に集中できる自分だけの仕事部屋を持ちたいけれど、会社員にとって一人ひとりが個室で作業するのは、現実的になかなか難しい。

では、これならどうだろう。特大のヘルメットが周囲の雑音を遮断する。もちろん、周りが声をかけづらい…といった見た目の問題ではなく。

集中力も生産性もUP
雑音の日常よサヨウナラ

デザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃ではなく雑音からその身を守るためのヘルメット。かぶるだけで電話の音や、他人の会話を気にすることなく、自分の作業に意識を注ぐことができるらしい。

Photo by Hochu rayu

外装はニトロ塗装とガラス繊維、内部は発泡ポリエチレン材を用いた、本格的な遮音仕様。さらには、電話機能としてマイクとスピーカーがデフォルトで内臓されているそうだ。電話とセットでつくられたことからHelmfonという名もつけられた。

かぶったまま、
PCや電話で仕事ができる

Photo by Hochu rayu

かぶったままの状態で通話やPCでの作業はできるし、なおかつ自分だけの静寂を確保できる、限られたスペースで仕事しやすい環境を生み出すウェアラブルデバイス。オフィスワーカーにとって、まさにヒーロのような存在のヘルメット、とはちょっと言い過ぎ?

そうそう、Bluetooth搭載なので、個室がないオフィスでも周囲を気にせずWEB会議だって可能。

Photo by Hochu rayu

それにしても、見るからに肩が凝りそうなデザイン。ところが、そこは開発者たちも懸念事項に挙げていたはず、改良に改良を重ね、最新モデルの重量は、わずかに1.5kgというからオドロキだ。

これだけでも十分軽量、けれど首への負担を配慮し、1kg以下を目標に開発を続けるという熱の入れよう。

選べるメットで
遊び心のあるオフィスに

Photo by Hochu rayu

本当にこれ、オフィス用のデザインなのかと疑いたくなるコレクションは、『ミニオンズ』や『バッドマン』など、キャラクターものまで。種類豊富なオートバイのヘルメットに触発され、オフィスが華やぐようカラーリングや、ディテールにこだわっているんだそう。

Photo by Hochu rayu
Photo by Hochu rayu

まあ、そうは言っても……である。

もっともシンプルなものであれ、仕事中にかぶるとなると、少なからず勇気がいる。けれど、それすらHochu rayu開発者らのメッセージングに思えてならない。「遊び心はどんな仕事にだって重要でしょ」と。

仕事一徹にならずに、こういうユーモアで楽しみに変える心のゆとりが、働く上で必要なのは当然のことだよね。

Photo by Hochu rayu

実用化に向けての開発段階にもかかわらず、すでにアメリカの複数の企業からオファーがあるという。仕事と遊びの垣根を越えたようなヘルメット、日本にも必要としている人が少なくないのでは?

Licensed material used with permission by Hochu rayu design company