初代覇者のイ・ボミが最終調整 ルーティン変更の理由とは?(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<センチュリー21レディス 事前情報◇20日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,567ヤード・パー72)>
瀬田ゴルフコース 西コースにて21日(金)より3日間の日程で行われる「センチュリー21レディス」。同大会の初代覇者であるイ・ボミ(韓国)が最終調整を行った。
爽やかスマイルに癒される!イ・ボミの特選フォトはこちら
今日の指定練習日ではINコース9ホールをチェック。ボミと言えば、“最終日のサンデーバックナイン”を想定して、9ホールだけの練習ラウンドではINコースを午後から回るのが通例だった。だが、先週の「サマンサタバサレディス」に続き、この日も午後からではなく10時台にラウンドをスタートさせた。
時間を早めた理由を聞いてみると…帰ってきた答えは至極単純な理由だった。「暑いからですよー(笑)」とのこと。「今の時間(14時)からスタートしたら暑さで大変です。だからスタート時間を変えました」と教えてくれた。
サマンサタバサ-では3日間とも30度越え、練習日は34度まで気温が上昇。今日も33度と会場は連日のように猛暑日となっている。さすがのボミもルーティンを変えざるを得なかったようだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

全英オープンが開幕!松山英樹ら日本勢のスタート時間をチェック
全英オープン初日のリーダーボードはこちら
イ・ボミ、休んだ2週間ほぼクラブを握らず その理由は?
ファンが復活望むイ・ボミ 3年連続賞金女王へ苦しい戦い続く
軟らかくバランスの軽いクラブでベスト更新〜イ・ボミのセッティング