科学雑誌『Newton』の人気特集を、さらに読みやすく再編集した『Newtonライト』が販売されました。

日常の疑問など気になるテーマを分かりやすく説明し、理系脳を鍛える1冊。

サイズは、通常の『Newton』(A4変型判)よりも、ひと回り小さなB5変型判です。

コンパクトで持ち運びやすいため、電車の中などでも読みやすくなっています。

第1弾は「偏差値」や「世論調査」、「生命保険」など『統計のきほん』を分かりやすく説明。

「選挙速報で、開票途中なのに当確が出るのはなぜ?」といった、不思議に思っていることがよく分かります。

また、8月発売予定の第2弾では『大宇宙(仮)』、9月発売予定の第3弾では『超ひも理論(仮)』など、今後も毎月刊行を予定しています。

「理系の話は好きだけど、説明が難しくてよく分からなかった」という人には、ピッタリの雑誌になりそうです。

Newtonライト『統計のきほん』をAmzonで見る

[文・構成/grape編集部]