トマトの爽やかな酸味と、ヨーグルトのクリーミーな味わいが絶妙にブレンドされた本格味/ 調理=植松良枝 撮影=竹内章雄

写真拡大

今日のお昼は絶対カレー! 蒸し風呂のような通勤電車に揺られながら、スパイシーなカレーに思いをはせていたのはO子だけではなかったようです。お昼にカレー屋さんに突撃したところ、すでに長蛇の列……オーマイガー……。太陽に後頭部を焼かれながらスゴスゴと会社に戻る道すがら、O子は思いました。

ほかにも「カレー」のレシピをチェック!

「だったら自分で作ればいいじゃない!!」。というわけで、今晩はカレーです。トマトチキンカレー、スープカレー、夏野菜のカレー、好きなものを好きなだけ食べられるのは、手作りならでは。あまったカレーは小分けにして冷凍しておけば、お弁当にだって持っていけますよ。

■ 【トマトチキンカレー】(729kcal、塩分3.2g)

<材料>(2〜3人分)

カットトマト缶1缶(約400g)、とりむね肉(皮なし)1枚(約250g)、プレーンヨーグルト1/2カップ、おろしにんにく1片分、おろししょうが大1かけ分、玉ねぎの粗みじん切り大1/2個分、オクラ10〜12本、温かいご飯茶碗2〜3杯分、固形スープの素1/2個、バター、サラダ油、カレー粉、塩

<作り方>

(1)とり肉は一口大に切る。

(2)厚手の鍋にバター大さじ3と油小さじ2、にんにく、しょうが、玉ねぎを入れて火にかけ、炒める。玉ねぎが透き通ったらカットトマトを加え、水分がほとんどなくなるまで炒める。

(3)カレー粉大さじ2 1/2〜3、塩小さじ1強をふり入れて混ぜ、とり肉を加えてさっと炒める。水1と1/2カップ、固形スープの素、ヨーグルトを加え、ひと煮立ちしたら弱火にしてオクラを加え、約15分煮込む。

(4)バター大さじ3を加えて混ぜ、火を止めて器に盛る。別の器にご飯を盛り、好みで一味をふって添える。

■ 【シーフードと夏野菜のスープカレー】(415kcal、塩分3.2g)

少ないルウで仕上げるスープカレーは、低カロリー。あさりやえびから魚介のだしが出るのでうまみも充分。

■ 【とろとろなすと豚肉のカレー】(665kcal、塩分3.2g)

薄切り肉を使えば、あっという間に出来上がり。

■ 【夏野菜のカレー】(538kcal、塩分3.3g、調理時間50分)

にんじん、トマトなどをブレンドしたジュースを加えると、味わいが複雑になっておいしさがアップ!

文=O子