高田漣

写真拡大

高田漣のニューアルバム『ナイトライダーズ・ブルース』が10月4日にリリースされる。

【もっと画像を見る(2枚)】

スティールギターなど様々な弦楽器を演奏し、父・高田渡をはじめ、西岡恭蔵、ハナレグミ、高橋幸宏、細野晴臣といったミュージシャンとコラボしている高田漣。ソロ名義でも複数のアルバムを発表しており、2015年には高田渡のトリビュートアルバム『コーヒーブルース〜高田渡を歌う〜』をリリースした。

『ナイトライダーズ・ブルース』は、『アンサンブル』以来約4年ぶりのオリジナルアルバム。ゲストミュージシャンには、細野晴臣と林立夫と鈴木茂によるTIN PAN、長岡亮介(ペトロールズ)、佐藤良成(ハンバート ハンバート)、伊藤大地(グッドラックヘイワ)、伊賀航(benzo)、野村卓史(グッドラックヘイワ)、ハタヤテツヤ(ex.EGO-WRAPPIN')、秋田ゴールドマン(SOIL&"PIMP"SESSIONS)らが名を連ねている。

なお10月8日には、高田渡も在籍していたベルウッド・レコードの45周年を記念するイベント『ベルウッド・レコード45周年コンサート』が東京・新宿文化センター 大ホールで開催。あがた森魚、鈴木茂、はちみつぱい、細野晴臣が出演するほか、高田漣らが高田渡や同レーベルの楽曲を披露する。ゲストとしてキセル、GLIM SPANKY、曽我部恵一、志磨遼平(ドレスコーズ)、ハンバート ハンバートが出演する。チケットの発売日は7月23日となる。