EXOメンバー、アプリ「V」で食事シーンを披露…新曲「Ko Ko Bop」に対する愛情をアピール(動画あり)

写真拡大

EXOのチャンヨルがタイトル曲「Ko Ko Bop」に対するビハインドストーリーを明かした。

昨日(19日) 午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて生中継された「EXO チャンヨル&ディオ&ベクヒョン&セフンEating Show−一緒に食べましょう」では、EXOのチャンヨル&ディオ&ベクヒョン&セフンがモクバン(食べる放送) を披露した。

この日、ベクヒョンは今回のカムバックについて「本当にたくさん準備した。久しぶりにカムバックしたが、今回の活動がすごく楽しみだ。『Ko Ko Bop』という楽曲は、僕の中からダンスが出てくるのではなくて、足先、手先、頭と尻から反応が出る」と話した。

セフンは「(ミュージックビデオを) 撮りながらも、うまくいきそうな気がした。楽曲がすごく良くて、振付もばっちりだった。その上、コンセプトも僕たちが願っていたコンセプトだった。三拍子揃った」と伝えた。

チャンヨルは「僕たちが初めて聴いた時、その前にもタイトル曲のデモを聴いた時には、本当に反応が良かったけれど、今回は細かい説明を聞いてから「Ko Ko Bop」を聴いた。みんな反応が本当に良かった。カイの反応が本当によかった。楽しくなって準備をもっと一生懸命にすることになった」と説明した。

ベクヒョンは「『Ko Ko Bop』は本当に満場一致だった。『Growl』と同じ感じで、会社の方々やメンバーが同じ反応だった。『Ko Ko Bop』もそうで、会社とメンバーのみんなが本当に喜んだ」と伝えた。

チャンヨルは、また「今回の『Ko Ko Bop』は『Growl』を思い出させた。本当に頑張って作った。今回の活動をしながら嬉しかったのは、デビューして一番団結した点だと思う。一緒に遊びに行ったり、ご飯も頻繁に食べに行ったりした」と説明した。

また、EXOは先日(18日) 午後6時、韓国の各音楽配信サイトを通じて4thフルアルバム「THE WAR」を発売した。タイトル曲「Ko Ko Bop」は、EXOが初めて挑戦するレゲエジャンルの曲で、清涼感あふれながらも明るいメロディが印象的な曲だ。