CNBLUE ジョン・ヨンファ、新曲のMV撮影エピソードに関心集中「弘大で撮影…ダンスに本当に緊張した」

写真拡大

CNBLUEのジョン・ヨンファがダンスのために苦労したと打ち明けた。

19日、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」ではジョン・ヨンファの1stミニアルバム「DO DISTURB」のリリースパーティーが生中継された。

ジョン・ヨンファは「ミュージックビデオの撮影に2日かかった。ダンスのために、音楽番組でもコンサートでもないのに本当に緊張した。ミュージックビデオの撮影なのに緊張がすごかった」とし「緊張の割には編集をすごく上手にしてくださって、本当に感謝している」と話した。

ジョン・ヨンファはハワイの雰囲気を与えたかったとし「実際の撮影地は弘大(ホンデ) だ。頑張ってハワイの雰囲気を出した」と話し、笑いを誘った。

「DO DISTURB」のタイトル曲「That Girl」は、LOCOの淡白なラップとジョン・ヨンファのグルーヴ感溢れるボーカルが調和をなしたファンキーなサウンドのダンスポップ曲だ。カクテルを一杯飲んで体を揺らすようなリズミカルな展開が続き、真夏のバカンスシーズンの猛暑を吹き飛ばす予定だ。