離婚が認められた李富真氏(左)と任佑宰氏(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国・サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長の長女、李富真(イ・ブジン)ホテル新羅社長と任佑宰(イム・ウジェ)サムスン電機常任顧問の離婚訴訟で、ソウル家裁は20日、離婚を認め、李富真氏に対し任氏に86億ウォン(約8億5580万円)の財産分与を命じる判決を言い渡した。

 李氏が任氏を相手取り離婚と息子の親権者指定を求めた訴訟で、ソウル家裁はこの日、離婚を認めるとともに、息子の親権者および養育者に李氏を指定するとして、原告一部勝訴の判決を下した。判決理由については説明しなかった。
 李氏と任氏は1999年に結婚。財閥令嬢と平社員が交際を経てゴールインし、大きな話題を集めた。
 2014年、李氏は性格の不一致を理由に離婚調停を申し立てたが、家庭を守りたいという任氏と合意できず、不成立に終わったため、15年、任氏を相手取り離婚と息子の親権者指定を求め水原地裁城南支部に訴状を提出した。
 一審は昨年1月、李氏の訴えを認めて離婚を認め、李氏の親権と養育権を認定した。
 任氏は一審判決を不服として控訴する一方、ソウル家裁に財産分与と離婚を求める訴訟を起こした。また「李氏と最後に同居した住所がソウルであるため、裁判の管轄権は水原地裁ではなくソウル家裁にある」と主張した。
 これに対し水原地裁は昨年10月、「水原地裁城南支部には管轄権がない」として一審を破棄し、訴訟をソウル家裁に移した。 
ynhrm@yna.co.kr