韓国の男性が地下鉄の電車内にカセットコンロを持ち込み、鍋からインスタントラーメンを食べる動画をYouTubeに投稿して、批判を浴びているそうだ。

「地下鉄のなかでコンロを使ってよいのか。私が見たならすぐに鉄道警察に通報した」「これは証拠映像だ。処罰しろ」(インターネット上の批判)

シンテイルと名乗るこの男性は人気のユーチューバーで、過去にも過激な動画を多数、公開してきた。釣り堀にダイブして魚を手づかみにする、電車内で奇声を発する、道路上に横たわるなどし、さらには動画撮影中に漂白剤を飲んで救急搬送されたこともあるという。

「モーニングショー」がシンテイルさんをテレビ電話で直撃したところ、「過激な投稿を続けるオドロキの理由」(羽鳥慎一キャスター)がわかったそうだ。

月に約150万円稼いでいた

「月に1500万ウォン(約150万円)以上は稼ぎます」「このバカなことで人気が出て、収益をあげているので続けている」(シンテイルさん)

一方で電車内にコンロを使うなどの危険性については「反省している」とし、今後は過激さを減らすと話したという。

「テレビ番組には放送コードがあって、何やってもいいわけじゃない。やっちゃいけないこと、いっぱいあるわけですね。インターネットもこれだけ影響力があるし、多くの人が見るとなると、ユーチューブにも放送コードは必要だろうし、(投稿内容の監視を)もっと進化させる必要はあるでしょうね」(「モーニングショー」コメンテーターでテレビ朝日解説委員の玉川徹)

似顔絵 池田マコト