19日、韓国国土交通部は、10年9月から研究開発を進めてきた2人乗り軽飛行機「KLA−100」の初飛行記念イベントを20日、韓国南部の航空センターで開くことを明らかにした。写真は韓国。

写真拡大

2017年7月19日、韓国国土交通部は、10年9月から研究開発を進めてきた2人乗り軽飛行機「KLA−100」の初飛行記念イベントを20日、全羅南道(チョルラナムド)高興(コフン)郡の航空センターで開くことを明らかにした。韓国・マネートゥデイが伝えた。

KLA−100の開発は、同部と国土交通科学技術振興院が主管し7年間で279億ウォン(約27億8000万円)をかけた事業で、建国(コングク)大と軽飛行機開発企業「ベッセル(Vessel)」や「ファーステック(Firstec)」が参加した。

同機は、先端炭素複合材料を使用して機体重量を減らし、操縦室の計器、ランディングギアなど主要部品の約80%を国産化した、韓国初開発の軽飛行機だ。機体用パラシュートや、ナビゲーションシステム、自動飛行装置などの最先端機器も搭載されているという。

最高速度は時速245キロ、最大運用高度は4267メートル。一度の燃料補給で最大6時間飛行でき、1400キロを移動可能だ。最終開発を終えた後、来年から量産に入る予定という。

自国初となる軽飛行機の開発に、韓国のネットユーザーからは1000を超えるコメントが集まっているが、内容をみると、期待や喜びよりも不安を訴える声が多いようだ。

コメント欄には、「空で故障したら死が待っている」「航空事故間違いなし」「機体用パラシュートが付いている方が危険なのでは?」「国産航空機は不安だ」「寒い日でもきちんと飛べるの?」「スリオン(韓国陸軍が運用している韓国製機動ヘリコプター)みたいに故障続きにならないかな」「命懸けで乗らないと」など、軽飛行機の性能に懐疑的な意見が並んだ。

その一方、「遅ればせながら航空産業への足掛かりになることを期待する」と一部で期待の声もみられた。(翻訳・編集/三田)