画像提供:マイナビニュース

写真拡大

27歳の誕生日であるきょう20日に1歳年上の一般男性と結婚したお笑いタレントの横澤夏子が同日、木曜レギュラーを務めるフジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月〜金11:55〜13:45)で結婚を生報告。プロポーズの言葉や子供願望などを語った。

お相手は、婚活パーティーで知り合った"ダイキ君"。昨年2月頃に交際を開始し、「今日にでも結婚したい」と猛アピールし続けていたが、自身の誕生日であるこの日、ついにゴールインした。

番組冒頭、MCの坂上忍から結婚について振られると、「ありがとうございます! しました、ついに! ありがとうございます!」と指輪を見せながら笑顔全開で報告。坂上が「汚っねぇ指輪だな」とイジると、「今日からつけてるんですから、やめてくださいー!」と笑いながらツッコんだ。

後半にも「無事追い込んで結婚することができました」とあらためて報告。プロポーズについて、「『僕はプロポーズするタイプじゃないから』と言い出して、もんじゃ焼き屋さんの帰りに勝どき橋で夜景がきれいに見える場所があって、『ここらでプロポーズしていただいてもよろしいですか?』って"させた"」と強要したことを明かし、「『ずっと一緒にいてください』と言われたので『合格』って」とプロポーズの言葉も明かした。

子供は「3人ほしい」と言い、「女、男 女でほしいです。生身の子供でママチャリのネタをやりたいなと」と親子でネタをやる計画も告白。結婚の決め手については「よく笑わせてくださる方で。私、横澤なんですけど、会った時に『斜め澤さんですか?』って言ってきて」と話し、「『ダイキ君』『なっちゃん』と呼び合ってます」「頑張って料理もやっています」などと説明した。さらに、結婚初日のきょう、「お嫁さん」と言われて「旦那さん」と返したことも、幸せいっぱいに報告。「にこにこにっこりな家庭を築いていきたい。ほのぼのとした家庭になればと思っています」と抱負を語った。