画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ダウンロード不要の新サービス

ヤフーは、HTML5とクラウドを活用するブラウザゲームのプラットホーム、「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」を発表し、7月18日からサービスを開始した。

スマートフォンでもPCでも、ブラウザがあれば楽しめるゲームを提供するプラットホームで、スクウェア・エニックスやコーエーテクモゲームス、角川ゲームス、タイトーなど、大手を含む52社がタイトルを提供する予定だ。

○Flashゲームの「次」

ゲームプラスでは、HTML 5とクラウドの2つのゲームの方式を提供する。これによって、スマートフォンやタブレット、PCなど、ブラウザさえ動作すればいつでもどこでもゲームをプレイすることが可能になる。

これまでブラウザゲームと言えばFlashを用いた開発が中心だったが、アップルがiPhoneやiPadなどのiOSでFlashを採用しないことを決めてから、すっかりApp Storeでのネイティブゲームが主流となった。

2016年はApp Storeのゲームタイトルの当たり年で、ポケモンGOやスーパーマリオ ランなど、世界的にヒットするタイトルが生まれ、アップルのApp Storeの売上も過去最高を記録し続けている。一方で、アップルのiOS向け開発言語での開発に縛られ、AndroidやPC向けには別途開発を行わなければならないなど、開発者にとっては巨大な世界市場へのアクセスと、その他のプラットホームへの対応という2つのメリット、デメリットが存在していた。

ゲームプラスは、こうした開発の非効率性を排除する開発者向けのメリットを期待することができる。またユーザーにとっては、スマートフォンの性能や空き容量を気にせず楽しむことができるようになる点が期待できる。

格安SIMが普及するにつれて、スマートフォン市場では必ずしも最新機種が売れ筋になるとは限らなくなってきた。特にAndroidスマートフォンでは、OSのバージョンの関係で最新OSを前提としたアプリは楽しめないし、iPhoneであっても、過去の機種では処理性能に劣る可能性が出てくる。そして格安スマホ共通の悩みは、アプリをインストールする空き容量の問題だ。

ゲームプラスはブラウザから利用するため、高度なゲームであっても端末に大きな空き容量が必要なわけではない。JavaScriptさえ高速に動作すれば、空き容量がないiPhone 5sでも高度なゲームが楽しめる。

またクラウドゲームでは、動画ストリーミングを活用し、家庭用ゲームさながらのグラフィックスを、スマートフォンのブラウザ画面の中で再現することができる。

URLだけで簡単にアクセスし、端末の古さや空き容量を気にせずゲームをプレーできる手軽さが、ユーザーから支持されることが期待できる。

また、ウェブブラウザであっても、スマートフォンのモーションセンサーやGPSといった情報を活用することが可能で、スマートフォンらしい操作感を実現するゲームにも対応していくことになるだろう。

●App Storeへの影響は?

○App Storeのビジネスに影響が出るか?

App Annieによると、日本市場は、アプリの課金売り上げで世界一の市場となっているという。

1時間あたりのアプリへの支出額は、13.98ドル。中国の2.01ドル、米国の2.26ドルと比較すると突出して多い金額となっており、世界平均の0.8ドルの17.5倍という規模だ。また、デバイス1台あたりの平均支出額では、日本が123ドル。次いで高い金額の韓国やシンガポールと比較しても倍近い数字となっている。アプリ、特に課金があるゲームアプリの市場として、日本は非常に大きな存在になっている。

そうした中で、ヤフーによるゲームプラスのような、App Storeを経由しないゲームアプリの配信が登場してくることで、重要な市場におけるApp Storeのビジネスへの影響を懸念する見方もある。

ただ、2つの理由から、大きな影響が出ない可能性が高い。

1つ目の理由は、ライト層を取り込みたいゲームの戦略の違いだ。日本国内のユーザーにするのか、世界中のユーザーを対象にするのかで、ゲームのテーマや作り方、マーケティング戦略などが大きく変わってくる。

例えばゲームプラスで展開する場合、国内の格安スマホを中心としたユーザー層を取り込むことができるドメスティックなタイトルを素早く数多く展開する、という戦略が考えられる。一方、Androidだけで20億台という世界のスマホユーザーを対象に展開したい場合、テーマ設定やローカライズなどをじっくりと行いながら、配信国を増やし育てていく戦略を採ることになる。

2つ目の理由は、ゲームそのものの進化だ。ゲームプラスのクラウドゲームは、前述の通り、ビデオストリーミングを駆使することで、ブラウザ内であってもゲーム専用機さながらの表現を実現する、満足度の高いタイトルを実現するという。

しかしスマートフォンのゲームのトレンドは、カメラを使い拡張現実(AR)を活用したゲームや、ゴーグルなどを装着して楽しむ仮想現実(VR)の表現などへと発展していくことが期待できる。こうした新しい表現のゲームが、すぐに膨大な課金ユーザーを集めるタイトルへと発展するかは不透明だが、ネイティブアプリは、スマホのゲームの表現の可能性を追求し、トレンドを作っていく役割を今後も担っていくことが期待できる。