地下鉄の車内に“プール”現れ話題に

写真拡大

地下鉄車内の床が、ゆらめく水面をたたえたプールに……? そんな体験型広告が話題を呼んでいる。

台湾ではこの夏、国際的なスポーツイベントであるユニバーシアード大会を開催。その広告の一環として、地下鉄の車両内を競技場風にすることになった。トラック競技や芝生の車両もあるが、目を引いたのはやはりプールのもの。

印刷とはいえ実際のプールにいるかのようで、乗客の反応が上々なのはもちろん、世界中に注目されることに。

ネットでは「いろんな意味でクールだね」「夏はいつもこの車両がいいよ」「乗った時びっくりした。飲み過ぎたと思ったよ」「誰か水着で乗ってこないかな」といったコメントが寄せられている。