妊娠中のジョージナがモデルデビュー

写真拡大

 レアル・マドリーに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドの恋人であるジョージナ・ロドリゲス(22)がモデルデビューすることになった。スペイン『アス』が報じている。

 交際発覚当時は『グッチ』のショップ店員として働いていたジョージナだが、パパラッチなどが殺到したこともあり、販売員としての職を離れていた。その後は多くのモデルエージェンシーからオファーを受けるなか、5月末にモデル契約を結んだとみられる。

 表紙を飾るのは21日にスペインで発売となる『Woman』の8月号。著名カメラマンが撮りおろし、インタビューも掲載されているようだ。そのなかでは長年に渡って続けてきた「バレエ」についてや、美の秘訣、家族愛について言及しているという。

 「家族があなた自身に与える影響は?」と問われたジョージナは「恋人や家族と過ごす時間はとても大切で価値あるものと思ってる」とコメント。恋人であるC・ロナウドが支えになっていることを明かした。

 また幼い頃から取り組んできた『バレエ』については「健康的なライフスタイルを送り、スタイルを維持するための努力に影響していると思う」と振り返り、「子供の頃から様々なオーディションを受け、トレーニングや食事に規律をもってやってきたので、自分自身の身体をケアすること、アクティブに健康的な食生活を送ることは苦ではなく楽しいことと感じています」と語っている。

 なお、ジョージナの妊娠について口を閉ざしてきたC・ロナウドだったが、今月18日のスペイン『エル・ムンド』でついに公表。妊娠について問われ、「そうだね、とても幸せだよ」とコメントしていた。現在、妊娠5か月のジョージナ。C・ロナウドの“第4子”の出産予定日は年末から年明けにかけてとみられる。


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集