シンガポール当局、夫が性転換した夫婦に「結婚無効」言い渡す

写真拡大

[シンガポール 19日 ロイター] - 地元紙ストレートタイムズによると、結婚後に夫が性別を女性に変更したカップルに、シンガポールの結婚登記所(ROM)が結婚の無効を言い渡した。この決定に対して、人権団体は強く抗議している。

匿名のこの夫婦は、2015年に結婚した後、夫が性転換手術を受けた。夫婦として同居を続けていたが、公団に購入申し込みをしたところ、当局が状況の変化を知ることになった。

その結果、結婚登記所が彼らの結婚の無効を言い渡し、夫婦であれば受けられる公団の特別価格に資格はないと告げられた。

LGBT(性的少数者)の権利団体「アウトライト・アクション・インターナショナル」はこの決定を「2つの政府当局による明らかな差別」と批判し、結婚の復活と、割安での住宅購入資格の回復を求める声明を出した。

登記所の広報担当者は同紙に「シンガポールの法律では、双方が同性の場合には結婚を認めていない。結婚の時点で夫婦は男と女でなければならず、結婚においては男と女であり続けるべき」と話した。