画像提供:マイナビニュース

写真拡大

全国の鉄道事業者などがいっせいにエスカレーターの安全利用を呼びかける「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンが21日からスタートする。

全国の鉄道事業者51社局と羽田・成田両空港、日本民営鉄道協会、日本地下鉄協会、日本エレベーター協会などが共同で実施するもの。駅や各施設において、エスカレーター利用時にバランスを崩して転倒するケースや、駆け上がり・駆け下りの際に他の利用者にぶつかって転倒させる事故などがたびたび発生していることから、「エスカレーター利用時には手すりにつかまる」ことを呼びかける。歩行用に片側を空けてエスカレーターに乗る習慣についても、片側を空けて乗ることができない利用者にとって危険な事故につながる場合があることから、すべての利用者が安心して利用できる環境の醸成をめざす。

8月31日までのキャンペーン期間中、「乗ったら、つかまる!」のマナーを文字とイラストで表したB1判の統一ポスターを駅や各施設で貼り出す。JR東日本グループは同様のデザインのB3判ポスターも独自に制作し、グループ内24社の商業施設などに貼り出す。