@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)

GLMとボッシュ、「VCU」を共同開発

2019年の量産を計画しているGLMのEVスーパーカー「GLM G4」は、EVの駆動システムを制御するユニット「VCU」(ビークルコントロールユニット)を開発中だ。

「『GLM G4』に求められる高性能なVCUを実現するため」とGLMはコメントしている。そもそもVCUとは何なのだろうか?

VCUとは?

VCUはEV専用のパーツだ。バッテリーマネジメントシステム(BMS)やモーターを駆動するパワードライブユニット(PDU)、モーターの出力を調整するインバーター(電力変換装置)、車載用充電器等の協調制御をおこなう。

今回のVCUの制御対象は、ボディ部分を除く車両内部に特化し、他品種の車両にも応用できるようにするとのこと。これまで通り、完成車両とプラットフォームの両方を販売する戦略だという。

1年前からGLMとボッシュは協議

GLMとボッシュは2016年春から、互いに協業できる内容について協議をはじめ、昨年秋頃まで細かな仕様について検討してきた。

現在、第1号試作機の開発を終えており、次世代EVスーパーカー「GLM G4」のプラットフォームに搭載し、機能を確認している。

ボッシュエンジニアリングの技術者が2017年7月上旬から京都の当社開発拠点を訪れ、当社技術者と共同で、8月上旬まで動作テストを重ねる。

GLMとボッシュ 両社の代表、何思う?

ボッシュエンジニアリング日本法人の代表取締役、龍粼浩太郎氏は、「EVスーパーカーの開発を行っているGLMとの協業は、欧州で築いたビジネスモデルを日本でも実現し、カスタム開発のノウハウを、日本の自動車メーカーに提供できる良いチャンスと捉えています」と話す。

GLM代表の代表取締役社長の小間裕康氏は「完成車事業だけではなく、グローバルに技術モジュールを提供するプラットフォーム事業にとっても、品質向上と開発スピードを飛躍的に向上させることができると考えています」と話す。

「GLM G4」画像ギャラリー