吉岡里帆、お気に入りの“泡チュー”披露

写真拡大

女優・吉岡里帆(24歳)が7月20日、都内で行われた「エリクシール 新 泡洗顔 CM発表会」に出席。自身初となる化粧品CMへの出演について語るとともに、報道陣を前に愛らしい“泡チュー“ポーズを披露した。

暑い夏を意識し、ブルーグレーを基調とした“大人っぽい”装いでステージに登場した吉岡は、資生堂のCMイメージキャラクターに起用されたことに「本当に嬉しくて、化粧品のCMに出させていただくことは初めてなので、期待と『一生懸命やりたいな』というひたむきな気持ちで挑みました」と笑顔。

CM撮影については「化粧品のCMが初めてだったので、いろいろと知らないことがあったんですが、どのカットにもすごいこだわりというか、泡ひとつとってもまったく手を抜かない詰めた撮影をされていて、スタッフさんや製作チームの思いを感じました」とびっくりしたエピソードを明かした。

7月21日から全国オンエアされるCMでは、さまざまな表情を披露している吉岡だが、資生堂ジャパンの北原規稚子氏(「エリクシール」担当)もその表現力には感動したようで、「恐縮です」と照れ笑い。「今回は“色”をつけない透明な姿というのがポイントだと思っていたので、ふわふわの泡に包まれて女の子が一新されていく様だとか、表情がいきいきしていく姿を撮ってもらいたいなと思いました」と紹介し、「素の吉岡里帆が見られる“絵”になっていると思います」とアピールした。

ちなみに、CMラストで見られる坂を走るシーンは、「とりあえず今頑張る!」と叫んでいるそう。これについて吉岡は「私自身も今、『とりあえず今頑張らなければいけない』という気持ちで1日を過ごし、これからの未来へ向けて頑張ると思っているので、その気持ちが(自身が演じるCMの)女の子像とリンクしたと思いました」と語り、吉岡の“健気さ”をリアルに感じ取れる一瞬となっているようだ。

イベント終盤には自身お気に入りという“泡チュー”ポーズも披露した吉岡。ジェルからモコモコ増える泡と楽しそうにたわむれる吉岡の表現力豊かな表情に注目したい。