Blackmagic Design製品事例:井村宣昭撮影監督によるミュージックビデオ撮影の場合

写真拡大 (全3枚)

スピッツ「みなと」/UNIVERSAL MUSIC JAPAN

Blackmagic Designの発表によると、株式会社I-7の代表で撮影監督の井村宣昭氏が、スピッツ、Fo’xTailsおよび、SiM vs Crossfaithのミュージックビデオの撮影でBlackmagic Micro Cinema Cameraを使用したという。

I-7は、カメラマンとカラリストを抱えるプロフェッショナル集団。井村氏は同社立ち上げ以前から撮影監督としてAKB48、安室奈美恵、ONE OK ROCKなどのミュージックビデオやCM、コンサート映像の撮影を手がけてきた。

井村氏:カメラマンは独立してしまうと技術共有がなくなってしまいます。もともとマルチカメラの撮影の仕事が多く、一緒に仕事するカメラマンと一緒に成長できればと思って立ち上げたのがこの会社です。

撮影監督の井村宣昭氏

井村氏が撮影したミュージックビデオのひとつである、スピッツの「みなと」のモノクロ映像にアニメーションと実写を組み合わせた作品の実写部分は、すべてBlackmagic Micro Cinema Cameraで撮影された。

井村氏:この作品は監督から古い映画のようにしたいとリクエストがありました。Blackmagic Production Camera 4Kは以前から使っているので、Blackmagic Design特有の質感は、フィルムっぽさを出すのに適しているというのが選定の理由のひとつです。

35mmセンサーのカメラを使わなかったのは、紙芝居のような感じを出したいということだったので、被写界深度が深めで16mmのフィルムらしさを出すためにBlackmagic Micro Cinema Cameraを使いました。スピッツのメンバーも撮影された素材を見てよろこんでいました。綺麗すぎたので、演出的に古い絵本のような感じにしたかったので、後処理でわざと荒くしたくらいです。

SiM vs Crossfaith”GET iT OUT”/Double Wing Records

もうひとつは、Red Bull Air Race 2016のテーマ曲にも選ばれたSiMとCrossfaithのコラボ曲「GET iT OUT」で楽曲の魅力を十分に伝えられるよう、ミュージックビデオは飛行場で演奏するバンドをカメラカーやクレーン、飛行機などから撮影しており、Blackmagic Production Camera 4KとBlackmagic Micro Cinema Cameraをはじめ、数多くのカメラが使用された。Blackmagic Production Camera 4Kはカメラカーの後方部、Blackmagic Micro Cinema Cameraはエアレース用の飛行機の翼部分に搭載して撮影された。

井村氏:Blackmagic Micro Cinema Cameraは空撮でコンパクトに使えるカメラで、質感もいいですね。メインで使っているシネマ系カメラとのマッチングもしやすかったです。ほかの小型カメラだと、グレーディングをしても、なかなかここまでのトーンに持っていけないんです。

Fo’xTails「The LiBERTY」/Lantis

Fo’xTailsの「The LiBERTY」でも同様に、激しいサウンドをいかしてマルチカメラでスピード感のある撮影が行われた。同作品ではBlackmagic Micro Cinema Cameraを自社製の特機に搭載して、そのカメラを回転させることで、映像が回転するような効果が出せるという。

井村氏:この特機に載せられるのはかなり小型なものに限定されます。そのおかげで特機を手持ちして、回転させるといったような大胆な使い方ができるんです。そのうえレンズ交換ができて、ダイナミックレンジも広い画が撮れるというのはメリットですね。

これらの作品はすべて、DaVinci Resolve Studioでグレーディングされた。

井村氏:弊社ではオフラインの状態からグレーディングされている状態にしたいので、すべての素材をグレーディングしています。オフライン編集が上がってきて、まだ時間に余裕があれば、そのあとさらにグレーディングの調整をします。

規模の大きなコンサート映像などでは、カメラが30台以上になることもあって、さらにカメラの種類がバラバラなのでそのマッチングをすべてDaVinci Resolveで行っています。スピードも速いのでイメージするルックにすばやく近づけられます。グレーディングするには一番トーンを作りやすいツールだと思います。