「デスパシート」、たった半年で世界で最もストリーミングされた楽曲に

写真拡大

 ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーの「デスパシート」とジャスティン・ビーバーをフィーチャーしたリミックス版がストリーミングされた合計が46億回を突破し、ジャスティンの「ソーリー」(とそのリミックス)の43.8億回を超えて世界で最もストリーミングされた楽曲となった。オリジナル版は2017年1月にリリースされたので、たった半年でこの大記録が達成されたことになる。

 スペイン語で“ゆっくりと”という意味のこの楽曲は、1月13日にオリジナル版がリリースされてから、その名に反し猛スピードで様々な記録を塗り替えてきた。まず、ミュージック・ビデオがリリースされた動画サイトVEVOで、公開から24時間で最も再生されたスペイン語曲となり(540万回)、その後最も短期間で2億回を突破したスペイン語曲となった(22日間で達成)。また、最も短期間で20億回を達成したMVでもある(154日間)。

 ルイス・フォンシはストリーミング記録の達成について、「ストリーミングは世界中のオーディエンスと繋がる手段で、僕の音楽をこの惑星の隅々にまで届ける手助けをしてくれてきた。“デスパシート”が史上最もストリーミングされた楽曲になり、大変光栄に思っている」とコメントしている。

 「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」は、現在アメリカ、イギリス、オーストラリアのチャートで1位をキープしている。