JR東海と文藝春秋は共同で、「文学」をテーマとした旅企画の取り組みを開始する。第一弾は、直木賞作家で井伊直虎に関する作品も執筆する安部龍太郎氏とともに、井伊直虎が活躍した遠州井伊谷周辺を訪ねるツアーなどを販売する。

文藝春秋8月号には、井伊直虎をテーマとした安部龍太郎氏の寄稿記事を掲載し、JR東海の50歳からの旅クラブ「50+」でも、寄稿記事を掲載した特別版の冊子も発行する。さらに、クラブツーリズムの旅行情報誌「旅の友」でも特集記事を掲載し、「50+」と「旅の友」では、ジェイアール東海ツアーズとクラブツーリズムが販売する作品の舞台を巡るツアーも紹介する。

井伊家の菩提寺である龍潭寺を訪れるほか、安部龍太郎氏の講演会や記念撮影付きプランなども設定する。一部コースでは文藝春秋のオリジナルグッズもプレゼントする。

(写真:文藝春秋)