黒い犬の爪の正体はメラニン色素

犬の爪には白い爪、茶色の爪、黒い爪があります。
毛色によって分かれていて、毛色が明るい犬は白く、毛色が濃い犬は黒い爪の場合が多いようです。
爪の色はメラニン色素の量によって決まります。肉球がピンクの犬は爪も白っぽい犬が多いようです。同じように肉球が黒い犬は爪も黒っぽい犬が多いようです。

そもそも、爪には紫外線がほとんど当たらないので、爪の色が白っぽいからといって、また黒っぽいからといって犬にとっては何の不都合もありません。
成長の過程で、「1本の爪だけ黒くなった」というようなこともありますが、健康な爪であれば加齢や遺伝的な発現が理由で、病気というわけではなさそうです。その場合は、爪が生えてくる根元の色から変わっていきます。
もし愛犬の爪の色が急に変わってしまったら、爪周りや指、足に異変はないか、犬が痛がっていないかをよく観察してください。爪がぐらついていたり、犬が痛がっているようだったら怪我かもしれません、動物病院を受診してください。

黒い犬の爪を切るコツ

犬の爪には血管や神経が通っているため、犬の爪切りは犬だけでなく飼い主も緊張しますよね。
特に黒い爪は、血管や神経などの知覚部分が見えにくいため慣れないと難しいです。

犬の爪切り、黒い爪の切り方

黒い爪は、知覚部分が見えないので、どこまで切ってよいのかわかりにくいです。なので黒い爪の場合は、少しずつ切り落としていくようにしましょう。はじめは、爪先の左右の角を斜めに切っていきます。血管が近づいてくると、爪の感触が少ししっとりしてきます。また、爪の色も少しだけ違いがありますので、注意深く少しずつ進めてください。爪の切断面を見て、白い膜のようなものが見えたら、そこから先は血管なので爪切りはやめてやすりをかけましょう。

血が出てしまっても慌てないで止血剤を!

動物用の止血剤は、ペットショップや動物病院で購入できます。
爪切りをしていて血が出てしまっても慌てず、止血剤を塗ってあげてください。止血剤はパウダータイプで、指に取って出血部につけて数秒押させてあげると血が止まります。出血が多い場合は、血を清潔なガーゼなどで拭き取ってから止血剤を塗ってあげてください。
くれぐれも落ち着いて対処してください。飼い主の動揺は犬をなにより不安にさせます。

爪切りは1カ月に1度を目安に

犬がフローリングの床を歩いていて、カチカチと爪が当たる音がしない程度がちょうどいよい長さです。
犬の爪の中には血管が通っていて、爪が長く伸びるのに従って血管も伸びていきます。一度伸ばしてしまうと、爪切りをした際に血管を切らなくてはいけなくなり、愛犬がとても痛い思いをすることになります。そのため定期的な爪切りは欠かせません。
1カ月に1度がおおよその目安ですが、個体差がありますので愛犬の爪の長さが気になったら手入れをしてあげてください。

爪切りは怖くない!と愛犬に教えましょう

血管がわかりにくい黒い爪の犬は、たいてい1度は痛い思いをしたことがあると思います。爪切りが好きな犬はそういないでしょうが、定期的にやらなくてはいけない爪切り、ストレスにしてしまうと犬がかわいそうですよね。出来るだけ犬の負担にならないよう慣れてもらえるように工夫しましょう。
もし犬が爪切りを怖がるようだったら、一度に全部の爪を切らず、少しずつやってあげるのも良いでしょう。また、ごほうびを与えながら、褒めながら、犬の様子を見ながら少しずつ慣らしていきましょう。
また、爪切りを行うのに飼い主が怖がっていることが一番よくありません。飼い主の不安や緊張は愛犬にも伝わりまってしまいます。

難しかったら動物病院やサロンで

黒い爪の犬の爪切りは、やはり自分でやるのは不安だという場合は、動物病院やトリミングサロンでやってもらえます。
だいたい500円くらいが相場なようです。怪我をさせてしまうのではないか、という不安があるようでしたら、プロに頼むのも得策ですね。

まとめ

トリミング犬種の場合は、定期的にトリミングサロンへ通っているなら爪切りや耳掃除はその際にやってもらえるため、意外と自分で愛犬の爪切りをやったことがないという飼い主さんがいらっしゃいます。私も自身で愛犬の爪切りをしたのは数える程度しか経験がありません。
爪切りは、犬も飼い主もはじめは怖くて緊張してしまいますが、愛犬が年老いて亡くなるまでずっとやらなくてはいけないもの、子犬の頃から飼い主も一緒に練習していかないといけませんね。
ちなみに小型犬なら大丈夫なのかもしれませんが、人間用の爪切りは、犬の爪が割れてしまう恐れがあるのでNGなのだそうです。獣医さんはギロチンタイプの爪切りを勧めていましたよ。