作詞家・岩里祐穂、トークライブ第4弾ゲストに森雪之丞!傳田真央の弾き語りも

写真拡大 (全3枚)


作詞家・岩里祐穂がトークライブ第4弾となる「Ms.リリシスト〜トークセッション Vol.4」をゲストに森雪之丞を迎え、今秋9月に開催することを発表した。

今井美樹、坂本真綾をはじめ近年ではももいろクローバーZなどのアイドルやアニソンでもヒットを出し続けている作詞家・岩里祐穂。昨年の2016年5月には作詞活動35周年を記念して殿堂入りの名曲から最新ヒットまでの33曲を収録した2枚組アルバム「Ms.リリシスト」を発売し、また、同年8月からそのアルバム名を冠したトークライブを定期的に開催している。
トークライブ第1回には元チャットモンチーの高橋久美子、第2回には作詞家・松井五郎、第3回にはヒャダインをそれぞれゲストに招き、”作詞家同士の対談” という滅多にない企画に毎回満員御礼ソールドアウトの好評を博している。

そして今回、来る9月9日に待望の第4回トークイベントの開催が決定。気になるゲストには作詞家・森雪之丞が発表された。
森は、1976年に作詞・作曲家としてデビューして以来、ポップスやアニメソングで数々のヒット・チューンを生みだし、また90年代以降は布袋寅泰、hide、氷室京介など多くのロック・アーティストからの支持に応え、尖鋭的な歌詞の世界を築き上げてきている。これまでにリリースされた楽曲は約2500曲を数え、また詩人として94年より実験的なポエトリー・リーディング・ライヴ「眠れぬ森の雪之丞」を主催し、岸谷五朗と立ち上げた「POEMIX」、江國香織との朗読会「扉のかたちをした闇」など独特の世界観と美学に幅広い層にファンを持つ。また、近年は舞台、ミュージカルの世界でも活躍し、劇団☆新感線の「五右衛門ロック」シリーズの作詞やブロードウェイ・ミュージカルの訳詞も多数手掛けるほか、ロックオペラ「雪之丞一座参上公演『サイケデリック・ペイン』」、オリジナルミュージカル「SONG WRITERS」など新作戯曲も精力的に発表している。

そんな森と岩里という70年代・80年代から現在まで第一線で活躍し続ける二人の作詞家同士のトークバトルは、ファンならずとも必聴もの。作詞をする者同士だからこその視点で、互いの作品を分析し合い、質問し合い、時に脱線し、どんなレアなエピソードが飛び出すか楽しみだ。

また今回、シンガーソングライターの傳田真央によるミニライブも決定した。傳田は岩里とはヒット曲「Bittersweet」で出会って以来、何曲か共作で詞を書いてきた間柄で、その見事な歌声と才能はまさに天性のもの。4年ぶりのアルバム「Love for Sale」をリリースしたばかりの彼女が、トークライブでは弾き語りを披露する。

【岩里祐穂】記事一覧


■ライブ情報
岩里祐穂 presents「Ms.リリシスト〜トークセッション Vol.4」
ゲスト:森雪之丞

日時:2017年9月9日(日) OPEN 16:30〜/START 17:00
場所:ポニーキャニオン1Fイベントスペース
港区虎ノ門2-5-10
全席自由席
【チケット】
一般/¥3,000(当日券¥3,500)
*小学生以上有料
企画・主催 ポニーキャニオン
お問い合わせ
TEL03-5521-8077
ぴあ独占販売(Pコード:636-483)
電話予約:0570-02-9999
WEB受付URL:http://w.pia.jp/t/yuhoiwasato/

■プロフィール

◆岩里祐穂
いわさと ゆうほ
作詞家。1980 年 “いわさきゆうこ”の名でシンガーソングライターとしてデビュー。1983 年 “岩里祐穂”にペンネームを改め、堀ちえみ「さよならの物語」で作詞作曲家デビュー。1988 年、作詞に専念。今井美樹に提供した1989年「瞳がほほえむから」はランクイン50週のロングセールスを記録。ミリオンセラーとなった1991 年「PIECE OF MY WISH」、1994 年「Miss You」は共にオリコン第1位を獲得した。1996年、坂本真綾のデビュープロジェクトに参加。続く2ndアルバム『DIVE』ではリリックプロデュースも務める。その後、布袋寅泰、菅野よう子、寺岡呼人、ROUND TABLE 北川勝利など多彩なプロデューサーと組んで多くの作品を発表。「創聖のアクエリオン」「海賊戦隊ゴーカイジャー」などジャンルは多岐に渡る。その他の代表作として、ももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」ももクロvs KISS「夢の浮世に咲いてみな」、中川翔子「ドリドリ」、Sexy Zone「君にHITOMEBORE」「Cha-Cha-Chaチャンピオン」など。
岩里祐穂公式サイト:http://www.yuhoiwasato.com/
岩里祐穂Twitter:https://twitter.com/yuhoiwasato
◆森雪之丞
もり ゆきのじょう
作詞家・詩人。1976年のデビュー以来、数々のヒットチューンを生み出し、90年代以降、多くのロック・アーティストからの支持に応え、先鋭的な歌詞の世界を築き上げる。
リリースした楽曲は約2500曲。2016年5月に作詞家40周年を記念した9枚組CD-BOX『森雪之丞原色大百科』を発売。
近年はミュージカルの訳詞や作詞、雪之丞一座参上公演〜ロック☆オペラ「サイケデリック・ペイン」、自身が戯曲・作詞・音楽プロデュースを手がけたオリジナル・ミュージカル「SONG WRITERS」等、演劇の分野で幅広く活動。最新詩集に江國香織氏との連弾詩集「扉のかたちをした闇」がある。
現在、日本初となる360度劇場、IHIステージアラウンドTOKYOにて上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人Season鳥』(9月1日迄)の作詞を担当。
自身が立ち上げる新作ミュージカルが複数スタンバイ中。
森雪之丞公式サイト:http://www.mori-yukinojo.com/
◆傳田真央
でんだ まお
クラリネット奏者の父とピアニストの母の元に育ち、幼少期からピアノとチェロを学ぶ。絶対音感の持ち主。2000年「耳もとにいるよ~Ring the Bells」でメジャーデビュー。1st AL「Eternal Voice」はJapanese R&Bの名盤として愛され続けている。近年は大人女子的な歌詞にも注目を集め、涙の代弁者として、唯一無二の歌声、ソングライティングセンスでファンのみならずアーティスト達にも影響を与えている。
傳田真央公式サイト:http://dendamao.com